コウモリの夢


Gさんの夢
封鎖していた二階の窓が開いて、コウモリが飛び込んできた。
自分の顔を目掛けて飛んで来たので、びっくりした。

「るなさん、ちょうど良かった。昨日夢を見たんです。」
「え?昨日?どんな?」
「僕が二階に上がると、封鎖していた窓が何故か開いていて、黒いコウモリが僕の方に飛んで来たんです。これっていい夢ですかね。悪い夢ですかね。」
「夢に良い悪いってないと思うけど、コウモリねえ。どんなイメージ持ってる?」
「う~ん。」
「黒は未知なるもので、鳥は精神的な分野の事よ。二階というのも同じ。」
「そうか、悪い夢ではないんですね。」
「もちろんよ。」
「そう言えば、そのコウモリは親しげな感じで、僕のほっぺたをかすめた。」
「そう、やっぱり悪いものじゃなかったのね。それより、まだ自覚していない事があって、気がついてほしいから、びっくりさせただけ。今日話し合ったから、変化して来ると思いますよ。」
「そうですか。よかった。」
「人間は肉体だけでなく、魂の存在だという事。その分野に注目してたら変化に気づくと思う。」

…未知なるもの
コウモリ…鳥。精神的な分野で、まだ良く分かってない部分。
二階…精神的な分野。
…意識の状態。気づき。

封鎖していた窓が開いた」という事がこの夢の中で一番のポイントだと思います。
それは自分自身で見ないようにしていた気づきの分野を暗示するからです。心の解放につながる夢です。そういう意味では良い夢ですね。


★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



[PR]
by yumemiryoku | 2010-12-06 16:57 | コウモリの夢

壊れた携帯と蝶と鳥の夢

ドリーム・レッスン


Fさんの夢です。
今朝、久しぶりに夢を見ました。
知人と携帯で話していると急に聞こえなくなりました。携帯が上下に離れて、壊れてしまったようです。
話していた相手からまた携帯にかかって取りあえず通話ボタンを押してみたら、ところどころ聞こえるけど駄目でした。その壊れた携帯をビニール袋に入れました。

場所が変わって部屋にいます。知らない部屋ですが、カーテンがひかれていて薄暗い部屋です。そこに私と母ともう一人誰かいました。

何か飛んできました。そしてポトリと足元に落ちたので、私が驚くと母が拾い上げて見せてくれました。黒くて小さな蝶でした。羽の中央が青緑な感じでキラキラとして綺麗でした。
また何か飛んできました。トンボかと思いましたが、鳥でした。白くて羽根の先だけ茶色で縁取りがありました。カーテンのそばで羽ばたいていたのでカーテンを開けてやろうと
手をかけたら眼が覚めました。

第一印象だけでも、これが新しい道へ進む時が来た事を教えてくれているのが分かります。
では、キーワードをチェックしましょう。

≪キーワード≫
携帯電話…電話は相手が不明瞭で出て来た時にはガイドやハイアーセルフからのメッセージ
       である事が多いのですが、ここでは知人との電話なので、生活の状況と
       見る事が出来ます。
壊れる…古いものが壊れる。
……  自分の望まない側面を克服する事。
知らない部屋・薄暗い部屋…自分の未知の部分。
……  自分の直感や導きの部分。
……  さなぎから蝶になるように、別の次元に変わる事。黒だから未知の世界だけど、青緑
       で綺麗なので、愛や癒しの世界。
……  より高い気付きへ飛翔すること。精神的な自由へ。

≪解釈≫
こうして、キーワードを並べるだけで、もう分かりますね。
友達との電話は古い自分との関係でもあるし、これまでの友達とのあり方に依存する自分の事でもあります。そういう生活の状況に終わりが来たのを納得して袋に入れました。

そして、向かうのは未知の世界ですが、それは蝶や鳥に象徴される精神的な気づきの世界です。ようやく、変化の時が来ました。まだまだささやかな変化でしょうが、それでも、もう振り返らずに前に進みましょう。

≪瞑想≫
夢の続きを完成させましょう。カーテンを開いて蝶や鳥を空に放ち、光輝く部屋を作りましょう。

いかがですか。変化はまだゆっくりのようですが、未来に向かって進んでください。

★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



[PR]
by yumemiryoku | 2010-09-09 16:04 | ドリーム・レッスン

黒くて丸い石の夢


9回目のセミナーでの林さんの発表です。

地面に黒い丸石が半分埋まっていて、文字が書かれていました。
それを読もうと思えば読むことは出来ると思いました。


これまた不思議な夢です。
いったい何の夢なのでしょうか。
シンボルを調べましょう。

『 地面 』は無意識の領域を示します。
『  』も無意識の色です。
『  』は全体、無限、完全などなど。
『  』は基礎や土台ですが、ルナは一種の記憶装置だと思っています。

パワーストーンがブームですが、身につけた後、それを浄化したりします。
何を浄化するのかと考えると、思いや波動など、目に見えないものです。
石にはこうして、波動を記憶するものなのです。

太古からある盤座(いわくら)などの石に祈りを掛けるのも、
その波動を記憶して増幅したりするチカラを前提としています。

この事から、「文字が書かれていた黒くて丸い石」を
「情報が書き込まれた、無意識の領域の記憶装置」と解釈しました。

また、「黒くて丸いもの」として、昔のレコードが思い出されました。
これも記憶装置です。

そこから連想して、全体から、「アカシック・レコード」が
林さんに示されたのかも知れないなと思いました。


「アカシック・レコード」ってなあに?

「アカシック・レコード」とは地球の始まりから終わりまで、
すべてのことが記録されている図書館のようなものだと言われています。

夢で見せられたという人の報告に、
その図書館には本がずらりと並んでいて、個人の現世の記録はもちろん、
過去世も何もかも、すべてが書き込まれてい見たというのがあります。

すべてというのは歴史、文化、建築などありとあらゆる、
この地上に存在した物、思念なども含まれます。

現代っ子がこの図書館を見たら、DVDの形で並んでいるのかも知れませんね。

アカシック・レコードとはどこにあるのでしょうか。

目をつぶれば、もうアカシック・レコードの中にいると言う人もいます。
地球を取り巻く電離層などにあるという人もいます。

アカシック・レコードは遠い宇宙のかなたにあるのではなく、
私たちの肉体に重なり合って存在していると思っています。
次元が違うので、見えなくて、感じないだけです。
携帯電話の電波が見えないのと同じです。

仏教では、すでにアカシックレコードを発見していた?

仏教に「虚空蔵菩薩」というものがあります。
開運や記憶力をつかさどる菩薩です。
これをサンスクリット語で「アカーシャガルバ」と言います。

アカーシャとアカシック。
似てますねえ。
語源が一緒です。

ルナは虚空蔵菩薩とは、はアカシック・レコードを擬人化したものだと思っています。

古代インド語の「アカシャ」を古代中国語で「虚空に蔵している」と訳しています。
アカシック・レコードとは虚空に存在するものです。
なかなかの名訳です。

空海はアカシック・レコードにアクセスした? 

空海が「求聞持法」を修して驚異的な記憶力を身につけたことは
有名ですが、その本尊がこの虚空蔵菩薩です。
真言を何万回も唱える事で、空海はアカシック・レコードへのアクセスが
自由に出来るようになったと解釈しています。

だから、空海は中国で難破して上陸した時、中国人の官吏が舌を巻くほどの
すごい文章を中国語で書けたと思うのです。
外国語を習得するのがどれほど時間やエネルギーを要するのかはみんな知っています。
(ホント、ムズカシイ….)
彼は、アカシック・レコードにアクセスしながら、文章を書いた。
うん。それしか考えられなーい。

このアカシック・レコードは私たちの住む三次元と
重なり合っている他次元なのです。


ちょうどテレビの電波は目には見えないけれども
存在しているのと一緒です。
受信機さえ手に入れれば、あとはチューニングして、見るだけです。
ですから、誰でも見る事ができるはずです。

受信機は私たちの中にあります。
私たちは夢や瞑想を通じて、この情報を手に入れることができるはずです。
空海のように厳しいトレーニングをしなくてもいい方法が
ないかとずうっと考えました。

アクセス方は開発できる?

アカシック・レコードへのアクセス方は
これまでは、一部の人の間で秘密にされていたので、
アクセス方の開発が遅れているのだと思います。

人類全体がこれに注目していくようになって、こぞって開発に乗り出せば、
次の世代では当たり前のように、利用できるようになるかも知れません。
ちょうど、インターネットがあっという間に、全世界に広まったように。

そうすれば、私たち人類は戦う事を止める事が出来るのではないか
と考えるのです。

ルナが過去世探求にこだわる訳

戦いの相手は自分が作り出したものです。
敵と思うものは、過去世で自分が作り出したものだと知れば、
人は戦う事が出来なくなるはずです。

私たちは何度も生まれ変わりながら、被害者も加害者も経験しています。
それを知ると、価値観が変わります。


来世でこの地球に再び生まれて来るとしたら、
もっときれいな地球にして置きたいとも思うはずです。

どうしたら、誰でもが思い出せるのか。
その条件を追いもとめました。


それを追求した結果、
アカシックは虚空にあるのだが、私たちと重なり合っている。
それはオーラの事だ。
オーラの部分にアクセスポイントがある。
オーラと肉体を結ぶエネルギーの通路のチャクラが手掛かりだ。

と考えるようになりました。

そこで『ガイアの森』という小説で、理想の環境を作り、
どういう条件があれば思い出せるのか。
誰でもが過去世を思い出せるにはどうしたらいいのだろうかという
探求をしています。

そうして、その手がかりを「夢」に見つけたのです。
ですから、それを「夢見力」と名付けました。

さてさて、林さんの夢に戻りましょう。

林さんは、望めばアカシック・レコードを読むことができるよ、
と夢で示唆されたのかもしれません。
スピリチュアルな探求をするなら出来るよ、と言ったところのようです。

林さんの夢は応用編レベルなので、ひとひねりして来ます。
夢からのナゾナゾです。

林さんはどんな選択をしたのでしょうか。
この後、お会いしていないので、残念ながら報告できません。<(_ _)>


次へ⇒

[PR]
by yumemiryoku | 2009-11-07 11:25 | 第32話 アカシック・レコード

 羽根がついているものは霊的なシンボルです

5回目目のセミナーです。

蝶が飛んで来たんですが、その姿が円形になっているのです。
円を六等分してたような形です。
そして、一つおきに丸くて透明できれいなつぶつぶが
たくさんついていました。

そのあと、紫のオニヤンマのように大きなトンボが飛んで来て、
指先に止まって、かじりました。
その痛みで目が覚めました。


まず、円形の蝶について

 『 蝶 』は、さなぎから蝶へ変化したことから、
「霊的に飛躍したよ」というシンボルです。
また、「たましい」を表すこともあります。
羽根があるものは、大体、霊的な世界のシンボルです。

『  』は「ガイド・導師」を示します。

この蝶は円形という不思議な幾何学模様となっています。
『  』には「完全な形。一つの円を完成したこと。」という意味があります。

とてもきれいで、シンボリックな形をしている事から、
ガイドやハイアーセルフがこの姿で出て来た可能性があります。


紫のトンボについて
『  』は精神的な世界を示す
ここでは、精神的な保護があるよという意味です。

『オニヤンマ』はトンボの一種です。
やはり羽根があるので霊的なシンボルです。

特に日本では亡くなった人がトンボになって出てくるという話があります。
蝶にもそんな話があります。

なにか霊的な存在が訪れたような印象の夢です。

かじられた事は?
これは夢を忘れないためです。
夢は私たちが忘れないようにと、いろいろな事を見せたり、したりします。


るな 『トンボ』は「おしょうろうさん」と言って、
   亡くなった人を示します。
   『 紫 』は「霊的」な色です。
   ですから、紫色のトンボは誰か守護してくれている存在です。
   かじられたのは、夢を忘れないためです。

林  家にはトンボが多く、教わることなく、幼い頃から、
   トンボには父が乗っていると思っていました。
   『ドリーム・ブック』で「虫」を引いて、
   あまりよくない事が書いてあったので、よい夢ではないと思ったんですが、
   そうやって、調べていくのですね。
   かじられたのは「夢を忘れないため」とかがあるのですね。

るな そうです。夢の方もあれこれと工夫してくれています。
    怖い夢だと思っても、夢日記に書いて見直すと、
    ちっとも怖い夢ではなかったという事があります。
    夢は本人を傷つけることは決してしません。
    ユーモアが得意です。


夢からのイタズラ

夢を覚えておくことは難しいです。
ですから、慣れない頃は、いろいろとイタズラを仕掛けて来ます。
不思議な形をして見せたり、
有名人を出して来たり、怖いものになったり、あの手この手で印象付けてくれます。

それを思うと、夢はよほど私たちと連絡を取りたがっているように
思えるのですが。



さて、林さんの夢は何を意味しているのでしょうか。 

思いがけず、懐かしいお父さんの思い出が出て来ました。
トンボは、亡くなったお父さんが「力になっているよ。」
と伝えているのかもしれません。

この夢では、霊的成長をサポートする精霊たちが、次々に訪れて、
林さんを祝福しているかのようです。
何か素敵な状況です。
いったい何を暗示しているのでしょうか。


それは次の夢で少し見えて来ました。
しかもナゾナゾは、はますます難しくなっていきました。



 次へ⇒

[PR]
by yumemiryoku | 2009-11-04 20:58 | 第31話 蝶とトンボの夢

 シンボルに慣れて来ると、夢は不思議なかたちで教えて来たりします。
それは忘れないために。
また、よく考えるために。

林さんの夢には不思議な透明感がありました。

初回のセミナーで、林さんは、
髪の毛がピンク色の夢を見ました。
また、ゴージャスな指輪をしている夢を見ました。
と発表してくれました。
みんなが「いいねえ。そんないい夢を見るの。」
とうらやましがりました。


夢のシンボルの意味は?

一つ目の夢
髪の毛はエネルギーを表します。
   ほら、クラウンチャクラ(頭頂のチャクラ)から流れてくるでしょ。
ピンクは愛の色です。
   愛のエネルギーがあふれ出ている様子です。

二つ目の夢
指輪は約束です。
   魂との約束ってなんだろって考えてみましょう。
   それがゴージャスだからこれまた、素敵な夢です。
アクセサリーは才能も表します。 
   あるいは、それをすると気分がいいという物。

何かごほうびの夢のようですね。
魂の喜ぶような行動をしたのではないでしょうか。
あるいは、いよいよこれから魂との約束を果たす時期に
来ているよという事でしょうか。


林  気が向いたら絵手紙を描いて、老人ホームなどに送ったりしています。
   それがいいのでしょうか。
るな なるほどですね。
   そう言う事を魂は喜ぶんですね。
林  でも、定期的にするのはちょっと。
るな 定期的にする必要はないと思います。
   いつも、自分の心の趣くままが一番いいです。
   義務や無理はする必要はありません。
   今のペースで気が向いたときに、出したらいいと思います。


実は林さんは早くから夢に注目していたそうです。
ですから、友達が夢に出て来たら、
可能な範囲で連絡をとってみたりしていたそうです。

これを聞いてなるほどと思いました。
ルナも同じことをしているのです。

夢とのお付き合いはそんな所から始めるのが一番です。

友達が夢に出て来たら。

まず、その人の印象を思い出しましょう。
次に、その人と同じものが自分にあると考えましょう。
憧れの人なら、同じ才能が自分にもあるよ。
嫌な人なら、同じことを他の人にしているよ。
と考えます。

その後に、テレパシーが来ているかどうか調べます。
「自分に連絡を取りたがっているのか」を確認するために、
電話をかけて見るなりして連絡を取ってみましょう。

そして、「ちょうど、あなたにかけようと思ったところよ。」
と言う返事があれば、それはテレパシーをキャッチした事になります。
こうなれば、直観力が大きくなった証拠です。

直感がよく働くようになると、人生のあらゆる面で、
シンクロニシティー(共時性)が起こって、
偶然の出会いが沢山起こってきます。
欲しいものや情報が以前よりずっと早く手に入るようになります。


いえ、実は逆です。
シンクロニシティは始めから身の回りに満ち満ちています。
それをより多くキャッチ出来るようになった、というのが本当です。

身の回りはあなたの応援団だらけです。
その応援団からのサインを掴むために、夢にリアクションをしてみましょう。

「ひらめいたら行動すること」が夢からあなたに与えられたレッスンです。


ルナは神社にお参りするのが趣味です。
どうしても神社の事について書きたかったので、
ブログのタイトルを寝る前にお願いしました。

すると、目覚めた瞬間
『ひもろぎ逍遥』というタイトルが響きました。

「聖域をぶらぶら散歩する」という位の意味です。
えらく難しいタイトルだなと思いましたが、
でも、神社とその伝承を表すのに、ぴったりでした。

今は、神功皇后のチャネリングした場所を求めて、
書いています。

お勧めの散歩コースは、左にリンクしている
古事記の神々』⇒オキナガタラシ姫 で、あらすじを読んで、
ひもろぎ逍遥』⇒香椎宮⇒小山田斎宮で、現場をブログ内散歩です。

現在進行形でお楽しみ下さい。


次へ⇒ 

[PR]
by yumemiryoku | 2009-10-31 10:41 | 第29話 ピンクの髪・指輪の夢

 同じ夢を見たら大事なメッセージです。 

6回目の発表です。
パチンコを娘としていました。
ジャラジャラとどんどん出て来るんです。
私は「ほどほどにしたら。」と娘に言ってます。

パチンコの夢はこれで二度目です。
前回はその解釈をしませんでした。
うかつにもパチンコをされるのだろうと軽く考えたのです。

同じ夢を二度見るのは、夢が是非伝えたい事があるからです。

尋ねてみると、沖さんはパチンコは全くしないそうです。
それならば、やはりこの夢には大切なメッセージがあると思って
取り組まねばなりません。

『パチンコ玉』の色は銀色です。
銀色は真実という意味を持っています。
形は丸・球体です。
これには全体性とか宇宙という意味が有ります。
ですからここでは宇宙エネルギーを指していると考えられます。

このエネルギーは無限にあり、どれだけでも取り入れることができます。
「じゃらじゃら」と出てくるものなのですね。

「ほどほどに」と言う沖さんに、
「宇宙エネルギーは無尽蔵だよ」、
と教えてくれているのかもしれません。
遠慮なく宇宙エネルギーは使いましょう。


沖 そういえば、友達が夢を見て、
   解釈してほしいと言って来たので、
   シンボルを調べて、解釈してあげたら
   とても喜ばれたんですよ。

宇宙エネルギーは使えば使うほど入ってくるとか。
どんどん使って、身近な人に喜んでもらいましょう。


『 火 』 には浄化のエネルギーがあります

7回目の発表です。
つまらない夢ですが、焼却炉にごみを入れて燃やす夢を見ました。

みんな よかったねえ。いい夢をみたねえ。
沖    ???
るな   『ゴミ』は調べましたか?
沖     いいえ。

るな   ゴミ・くずは、いらない考えや感情です。
      信念や信条も含まれますよ。
       火はもちろんそれを浄化することです。
沖    へえ、そうなんですか。いい夢をみたんですねえ。


沖さんは前回、パチンコの夢を通して、
宇宙の無限のエネルギー
について教えられましたから、
それを使いこなすためには、
これまでの考えを変える必要が出て来ました。
ゴミは古くなってもういらないものです。
「ほどほどに」と遠慮する心もそれに含まれています。


そして、次に捨てるものとして、「感情」が次の夢で具体的に示されました。


次へ⇒ 

[PR]
by yumemiryoku | 2009-10-22 14:52 | 第27話 パチンコの夢 ゴミの夢

第3話  黒いヘビの夢


ヘビの夢ってなんだろう

福島さんがセミナーの四回目に発表した夢です。

居間の床に黒いヘビが何匹も入ろうとするのを払いのける夢を見ました。

ヘビの夢はけっこう誰でも見ます。
e0184648_14562769.jpgあなたも驚いて目が覚めた事はありませんか。
あまり気持ちのいいものではありませんよね。
いったい何のメッセージがあるのでしょうか。

この夢で調べたいシンボルは「居間の床」・「黒」・「ヘビ」です。    

「居間の床」の示すもの                         ツイストスクエア
『 家 』は自分自身の事で、一階は肉体や状況などの事でした。
「居間の床」は座る所ですから、
ここでは肉体の一番下の部分を示していると考えられます。
座って床と接触する部分は、尾骶骨の辺りです。

「 黒 」の示すもの
『 黒 』は無意識や未知なるものを表します。
「自分でまだ気付いていない部分があるよ」という事です。
ですから、黒色が出てきたら、自分の知らない側面なんだな、
どんな所だろうと考えて、その手掛かりを夢の中に探しましょう。
この夢の場合は、その手掛かりがさっきの尾骶骨とヘビです。

『ヘビ』ってなあに?
ヘビは、普通は男性のシンボルと考えますが、
もう一つ、夢の解釈上、大切な意味があります。
それは『ヘビ』とは「クンダリーニ・エネルギー」の象徴だという事です。
では、「クンダリーニ」ってなんでしょうか。

『クンダリーニ』ってなあに?
「クンダリーニ」とは私たちの生命エネルギーの事です。
それは性エネルギーでもあります。
若い時にはこのエネルギーを子孫を作るために使いますが、
本来は私たち人間がいきいきと生きるためのパワーの源です。

クンダリーニの語源は螺旋(らせん)という意味です。
クンダリーニは「三巻き半のとぐろを巻いたへび」として、
シンボル化されています。
これが尾骶骨のところに眠っている訳です。
現代風に言えば、螺旋状の生命エネルギーが尾骶骨の所にあるという事です。

これで解釈の準備が出来ました。もう一度夢を見直してみましょう。

居間の床に黒いヘビが何匹も入ろうとするのを払いのける夢を見ました。
シンボルを組み合わせて、置き換えると、
「尾骶骨の所に眠る未知のエネルギーが動き出そうとするのを、払いのけようとしている夢」
ということになります。

* * *

この「黒いヘビ」は本人に気付いてほしい事があって何匹も出て来ています。
ヘビは無意識の世界から現われて来ています。
無意識の世界には、いったい何が押し込まれているのか分かりません。
誰にでも恐ろしいものです。
ですから、福島さんもそれに直面するのが嫌で、払いのけようとしている。
そんな状況を表す夢です。


* * *

では本人はいったい何に直面したらいいのでしょうか。
その手がかりが尾骶骨にあります。            
 
  
次へ⇒
        
[PR]
by yumemiryoku | 2008-12-28 00:00 | 第3話  黒いヘビの夢

赤ん坊や妊娠の夢は新しく生まれ出るものの知らせです

福島さんは黒いヘビの夢を発表した後、つづけてもう一つの夢を話してくれました。
それはこんな夢でした。

土間に黒い炭がびっしり敷き詰めてありました。
乳児を抱いた母親が私の横に座っているので、
炭を燃やしてあげなきゃと思っていました。


ルナ 夢の中の登場人物はすべて自分の一部でしたね。e0184648_2126262.jpg
    ですから「母親」も「乳児」も自分の一部だと
    解釈します。
    『赤ちゃん』は「新しく生まれるアイデア」の
    シンボルです。
    ですから、「乳児を抱いた母親」とは
    「新しく生まれたものを抱いている自分」
    ということになります。
    これは何か新しい事が始まることを知らせる夢ですよ。       謎
    だって、赤ちゃんって、これから育てられて、
    愛されていく存在ですよね。

福島 そう言えば、主人が亡くなってから、時間の余裕が出て来ました。
    さて、何かしようかと思っている所です。

やはりこの夢は、これから福島さんの人生に
何か新しいものが登場する事を暗示しています。


「黒い炭」の『黒色』は「未知なるもの」のシンボルでした。
「炭」は火であり、浄化するものです。
「土間」は前話と同じルート・チャクラのあるところです。
炭の形状からして、これは黒いヘビのシリーズの夢です。

しかし、ヘビが炭に変わり、しかもびっしり敷き詰めてあるので、
何か、浄化されたような印象を受けます。
そして、福島さんはそれに火をつけて、母親すなわち自分自身を
暖めてあげようとしています。

この夢は心や身体の準備が整って、
新しいアイデアに向かおうとする状況を示しています。
黒いヘビの夢の後、何か心の整理がなされたのでしょう。
夢が一歩前進をしています。


いったい何が始まるのでしょうか。早く知りたいものです。

そこで、本人に考えてもらう事にしました。

ルナ では、宿題を出しましょうね。
    「もし、生まれ変わったら何がしたいか。」を考えて来てください。
    「来世で何でもできるとしたら、何がしたいですか?」
    そして、この人生、あと、どれくらいかわかりませんが、
    「今、その夢にチャレンジできないでしょうか?」
    若い頃にしたかった事。忘れてしまっていた夢。
    それらを思い出して、残りの人生で、一つでもやって見ませんか。
    それが自分を愛することの一つの方法でもあります。

* * *

二週間後のセミナーでは、福島さんは夢は覚えていないと発表されました。

ルナ では、前回の宿題についてはどうでしょうか。

福島 来世で何をしたいか。
    もう生まれ変わりたくないです。
    これからは、神や仏のそばにいて、御用をしながら、過ごしたいです。

ルナ そうですか。それも一つの選択ですよね。
    ところで、人間の歴史の中で、女性がやりたい事を自由にやれる時代は、
    今が初めてではないでしょうか。
    しかも、文化サークルや公民館など、手近なところで、
    たくさんの文化活動や運動がなされています。
    そういう時代に生まれて、やっと時間の余裕が出来て、
    好きな事をして過ごせるようになったのです。
    たくさんの可能性が待っています。
    夢では、何か新しいことを示唆しているようですが。

福島さんは自分を抑制するのが習慣となっていて、
人生の楽しみを受け入れる準備期間がもう少し必要なようです。


次へ⇒

[PR]
by yumemiryoku | 2008-12-25 00:00 | 第6話 赤ん坊の夢

タペストリーはあなたの人生のシンボルです。

6回目のセミナーがありました。
福島さんの夢はさらに前進しました。

毛糸玉を床にころがして、編み物をしていました。
白くて四角い編み物です。


福島さんの宿題で「何をしたいか」というテーマについての夢をe0184648_1637093.jpg
見たようです。
夢の中で「編み物をしていた」と、
新しい段階が示されました。
編み物なら普段していることで、なんでもない夢と思ったら、
解釈は始まりませんよね。

『編み物』が「白くて、四角」というのは大きなヒントです。
『タペストリー』というシンボルとつながっています。          ペニーレイン

『タペストリー』とはその人が人生で織りなしたものを象徴します。
様々な体験がそこに編み込まれていきます。
生きている間は裏側からしか見ることができません。
死んでからやっと、正面から全体を見ることができます。

福島さんの夢ではそれが真っ白な編み物ですから、
「新しく人生を編み始めた」ことを教えてくれています。

* * *

夢は福島さんに対して、
人生はまだまだこれからで、
好きなものを創造して行くんだよと教えています。
夢が応援してくれているのがよく分かりますよね。


次へ⇒

[PR]
by yumemiryoku | 2008-12-23 00:00 | 第8話 編み物をする夢 

家の天井から青空が見えた!?

10回目。
セミナーの最終回に発表された夢です。

二つの夢を見ました。
一つ目。
私は水色のエプロンを着けて、洗濯機を廻しています。
窓の外は青空です。
そこへ、かつての職場の婦長さんが来ました。
「まだ廻しているの?」と言われました。
天井を見ると、青空が広がっています。
天井があるので、空は見えないはずなのに。


ついに福島さんの夢の中の家に窓が開きました!

天井からは青空まで見えます。e0184648_1513716.jpg

天井が無くなったのは、
心の制限が取れたという事です。

青空が見えたのは、福島さんの
意識の広がりと高まりを示してくれています。

『洗濯機』はもちろん浄化ですが、                   ザルツブルグ
回転すること、らせんの渦を作ることから、               コネクション

生命エネルギーの高まりも感じさせてくれます。

「かつての職場の婦長さん」については、                  
『看護師』というシンボルで捉えなおしましょう。                
癒しに関わっている守護の人です。

その人が、「まだ廻しているの?」と言っているのです。

「もうそろそろ、歩き出さないの」
と言っているかのようです。
浄化と癒しがひと段落し、
福島さんの可能性が無限に広がっていく様子が、
よく伝わって来ます。


夢が半年をかけて、灰色から明るい空色へと変化しました。


そして、ついに、ハイアーセルフからの問いかけのメッセージを貰いました。
それが次の夢です。 


次へ⇒

[PR]
by yumemiryoku | 2008-12-20 00:00 | 第11話 洗濯機を廻す夢