部屋が変化し始めましたよ。

7回目の夢セミナーです。

広い部屋に四つの長机がありました。
人がどんどん入ってくるので、
本山さんから「受け付けで名簿を書いてもらうのを手伝って。」
と言われました。
私が言われた通りに名前を書いてもらって、顔を上げると、
その度に、人が増えて、とうとう机が足りなくなりました。
男の人も何人も来ていました。


ルナ とうとう、たくさんの人たちと交流する夢を見たのですね。
    「人々」とはガイドや応援の方々の雰囲気ですか?

福島 いいえ。それより、一緒に学ぶ仲間の感じです。 
    この夢セミナーかなと思いました。


 夢の中に『大勢の人々』が出て来たとき、
人がいっぱいいたなあというだけでは、もったいないですよね。
どんな人たちなのか、ちょっとだけ考えてみましょう。
 
福島さんは即座に「一緒に学ぶ仲間の感じ」と答えてくれました。

夢の中の人物は自分の一側面を表しているという前提で見直すと、
この「大勢の人たち」は
「向学心を持っている。しかも夢に対して」、
という本人の側面だと言う事になります。


『机』は現在取り組んでいる問題を示します。
福島さんが今取り組んでいるのは夢です。

e0184648_1693247.jpg
ですから、夢に対して、これまでの考え方が変わって、
自分なりに取り組もうと思ったのが、
夢セミナーに大勢の人がやって来る
という形になったのだと思われます。
机が『四つ』でした。
『4』には「バランスや調和」の意味があります。      
                                         ミネソタ


写真はパッチワークのパターンです。   
こんな十字架のような「4」の形は
『マンダラ』のシンボルとも言って、
心のバランスを取ってくれるかたちです。


福島さんの場合はバランスをキーワードとして、
取り組むものがあるという事かも知れません。
それが何なのかは現実の暮らしの中から発見していくものです。

* * *

もし、あなたが家族や友達から、夢を見たんだけど、
と聞かせられた時には、
関心を持って聞いてあげて下さい。
そして、もう一歩詳しく状況や心情を質問してあげてください。
すると、本人が自覚していない解釈が
発見できるかもしれません。


* * *

とくに反抗期であまり話さなくなってしまった、
思春期の子供たちには、
朝、「何か夢、見た?」と聞いてみると、
会話のきっかけが生まれるし、
本人の心の状態が見えてきますよ。


次へ⇒

[PR]
# by yumemiryoku | 2008-12-21 00:00 | 第10話 人が集まって来る夢

家の天井から青空が見えた!?

10回目。
セミナーの最終回に発表された夢です。

二つの夢を見ました。
一つ目。
私は水色のエプロンを着けて、洗濯機を廻しています。
窓の外は青空です。
そこへ、かつての職場の婦長さんが来ました。
「まだ廻しているの?」と言われました。
天井を見ると、青空が広がっています。
天井があるので、空は見えないはずなのに。


ついに福島さんの夢の中の家に窓が開きました!

天井からは青空まで見えます。e0184648_1513716.jpg

天井が無くなったのは、
心の制限が取れたという事です。

青空が見えたのは、福島さんの
意識の広がりと高まりを示してくれています。

『洗濯機』はもちろん浄化ですが、                   ザルツブルグ
回転すること、らせんの渦を作ることから、               コネクション

生命エネルギーの高まりも感じさせてくれます。

「かつての職場の婦長さん」については、                  
『看護師』というシンボルで捉えなおしましょう。                
癒しに関わっている守護の人です。

その人が、「まだ廻しているの?」と言っているのです。

「もうそろそろ、歩き出さないの」
と言っているかのようです。
浄化と癒しがひと段落し、
福島さんの可能性が無限に広がっていく様子が、
よく伝わって来ます。


夢が半年をかけて、灰色から明るい空色へと変化しました。


そして、ついに、ハイアーセルフからの問いかけのメッセージを貰いました。
それが次の夢です。 


次へ⇒

[PR]
# by yumemiryoku | 2008-12-20 00:00 | 第11話 洗濯機を廻す夢

ついに人生の課題を提示されました。

二つ目の夢です。

何冊かノートがあって、私の赤い夢日記のノートもそこにありました。
すると、眼鏡をかけた女の人が「見せて。」と言うのです。
「恥ずかしいからだめです。」と言うと、
女の人は私の正面にまわって、夢日記を取り上げて、
私に向けて開いてくれました。
そこにはびっしりと文字が書かれていました。

そのノートには

「あなたがしたい事は何ですか?」
 ○○○○○○○○です。

「この世で大切なことは何ですか?」
 ○○○○○○○○です。

と、書いてあったのです。
問いもその答えもびっしりと書いてあったけど、
答えの方はどうしても思い出せません。


すごい夢ですねえ。e0184648_22235062.jpg
思わずうらやましくなってしまいます。
ノートに書かれたテーマがすごいです。
そう思いませんか。

「あなたがしたい事は何ですか?」
「この世で大切な事は何ですか?」
これまで夢セミナーの中で、ずっと解釈して来たテーマが
言葉として、ズバリ表されています。                モーツアルトスター
こんなテーマは福島さんに限らず、
私たち誰にでも与えられたものです。

それなのに答えが書いてない!
う~。知りたい!
それを思い出せないのはいかにも夢らしいですねえ。
自分で考えろって事でしょうか。

さて「眼鏡をかけた女の人」は、何者でしょうか。

答え。夢の中の登場人物ですから、もちろん福島さん自身の一側面です。

ではどんな一面でしょうか。

ヒント。私が当時、眼鏡をかけていた点にあります。
(眼に傷がついて、コンタクトレンズをはずしてました。)
「眼鏡をかけた女のひと = 夢セミナーの指導者」と連想するだろうと
夢が分かっていて、私の眼鏡をシンボルに使ったと考えられます。

そこで上の二つを組み合わせると、
福島さんの一部で、かつ、指導者の立場にある人という事になります。

その答えは、ハイアーセルフです。
訳せば、高次の自分。
精神世界では「大いなる自己」ともいいます。

ついにハイアーセルフが姿を見せました。
そして、強引に人生のテーマを提示しました。


「あなたがしたい事は何ですか?」
「この世で大切な事は何ですか?」
なかなかこのように具体的に問われる夢はめったに見られません。
(やっぱりうらやましい。)

答えが思い出せない。
こんな事は夢の中ではしょっちゅうですよね。
もどかしくてしかたがないのですが、
やっぱり、答えは自分で見つけなさいという事なんでしょうねえ…。

ハイアーセルフは
私たちの代わりはしてくれません。
私たちが自分で、
悩み、暗中模索し、試行錯誤して、
歩いて行くしかないのです。


それでも、苦しい時、道に迷った時は
尋ねましょう。
なんども何度も問いかけましょう。
そうすれば、必ず、夢の中でヒントをくれます。


福島さんもこの二つの問いをしっかり考えて、
「神や仏のそばにいて、御用をしながら過ごしたい。」
という思いを具体的に表現していくようになっているのでしょう。
答えはもうすぐそこです。

* * *

ここで、十回のスピリチュアル夢セミナーは終回を迎えました。

振り返ると、福島さんの場合は『 家 』というシリーズで夢を見ました。
家の変化は福島さんの心の変化を見せてくれました。
本人が夢の解釈に取り組むことで変化が促されました。


もし、福島さんが夢へ意識を向けていなければ、
未だに灰色のコンクリートの夢を見ていたかも知れませんね。


それから、数か月後、思いがけない進展がありました。
それは福島さんの願いが届けられるような不思議な出来事でした。


次へ⇒ 

[PR]
# by yumemiryoku | 2008-12-19 00:00 | 第12話 問われる夢

これって偶然なの?

十回のスピリチュアル夢セミナーが終ったあと、
ルナは記録をまとめて小冊子にしました。
タイトルは このブログと同じ、「しあわせとひらめきを呼ぶ『夢見力』」です。
クリスマスの日に出来上がりました。
そして、夢セミナーの会場を提供してくれた御堂の本山さんに
年賀状代わりに、一冊送りました。

お正月になってから、二十冊ほど抱えて、御堂にご挨拶に伺いました。
連絡もせずに、ふらりと出掛けて行きました。
御堂を見ると、部屋の中に、ちょうど福島さんの姿が見えました。
グッドタイミングです。この小冊子が渡せるからです。

御堂に上がり、挨拶をすると、なんと、福島さんの手には、e0184648_2112213.jpg
私が本山さんに送っていた小冊子がありました。

本山 この本を早く読みたいでしょうから、
    一日だけ持って帰ったらと勧めていたところ
    なんですよ。

ルナ そうですか。すごいタイミングですねえ。
    信号ひとつ引っかかったら会えなかったのですねえ。      難破船

福島さんはその本を借りて、まさに今、帰ろうとしていた所だったのです。
うまいことに、直接本を渡す事が出来ました。

* * *

福島さんはその時、セミナーの後の夢の話をしてくれました。

福島 最近、いくつか並んでいるトイレを掃除している夢を見たんですよ。
ルナ いいですねえ。
    トイレって困っていたりすることのほうが多くて、
    なかなかそんな夢は見られないですよね。
福島 浄化ですよね。

まさしくうらやましい夢です。
トイレ』の夢ってよく見るけど、大体汚れていて使えなかったり、
外から丸見えで困ったり、そんな夢が多くないですか。

困っているトイレの夢は、
「浄化しなさい。心を見直しなさい。」
というメッセージの夢です。



こんな夢を見たら、瞑想の中で、掃除をしましょう。
夢を思い出して、掃除をするだけです。
ピカピカにしちゃいましょう。
何度もトイレの夢を見ては、瞑想でトイレ掃除をして、
ゴージャスなトイレにしてしまった人もいます。
やはり、現実でも良い方への変化がありましたよ。


福島さんは、夢の中でしたのですから、すごいです。
福島さんは、新しく私の小冊子を手にして帰っていかれました。

そして、そのあと本山さんから、
福島さんの不思議な夢の話を聞かせてもらいました。


次へ⇒

[PR]
# by yumemiryoku | 2008-12-18 00:00 | 第13話 トイレ掃除の夢 

夢でお不動さんに呼ばれた!?

ルナはこの日、なんとなく
「今日はお不動さんの所に寄って行きたいのですが。」と言いました。
そのお不動さんは広い境内の巨岩が組み合わさった所にあります。

尼僧の本山さんも一緒について来てくれました。
そして、途中の広場で福島さんの見た夢について、話してくれました。

本山 福島さんはあの夢セミナーのあと、e0184648_17511749.jpg
    何回かこの場所の夢を見てね。
    それが本当かどうか、先日、確かめに来たんですよ。
    でもはっきりとここだと言う所が見当たらなくってね。

    『どうも、ここのはずだけど、はっきりしないなあ。』  
    と言って帰ろうとして、振り返ったとたん、
    『ああ、ここだ。』って分ったんです。                  
    それが、今立ってる場所なんですよ。               ほうき星



 それを聞いて、来た道を振り返ると、眼前には谷あいがありました。
その谷あいの向こうには、町と田んぼが広がって見えました。

本山 この谷あいの景色を見て、「夢に出て来たのはここだ」と、
    はっきりしたんです。
    実は、何年も前から、ここのお不動さんが
   『ゆきちゃん、ゆきちゃん。』と福島さんの名前を呼んでいたのを、
    私は聞いていたんですよ。

ルナ ここお不動さんが呼んでいたのですか。

本山 そうなんです。そんなこともあって、
    今日福島さんは一人でここにお掃除をしに来たんです。
    そして、帰る前に、私の所に立ち寄ってくれたんです。
    ちょうどルナさんから、夢の本が届いていたので、
    一日だけ貸しましょうと言っていた所でした。

ルナ へえ、そうだったんですか。そこに、私がちょうど来た訳ですね。
    私があと少し遅かったら会えなかったんですね。

* * *

うーん。
このタイミングの完璧さ。
これは見えない世界の「はからい」を考えないと、
とても理解できません。
ルナと福島さんの出会いを
マネージメントしてくれる方々がいないと、
会えなかったと思いませんか?



思いがけなく出会うと
「偶然にも会えた」と言いますが、
「偶然ではなくて、必然だ」と言われるのも
このような見えない世界の「はからい」があるからだと
思われてきます。 



この「はからい」をあれこれと考えて、
「出会いの神様」と呼ぶ事にしました。
なんだ、この神様って昔からいますよね。


この神様を味方につける方法はなんだろうと考えました。


次へ⇒

[PR]
# by yumemiryoku | 2008-12-17 00:00 | 第14話 実在する場所の夢 

e0184648_2103056.jpg
出会いの神様は人生を豊かにしてくれます。

今の仲間や、妻や夫に、恋人に出会ったのも、
みんな出会いの神様が関わっています。

う~ん。まだ、恋人に出会っていない?
チャンスに出会っていない?
どうやったら、引き寄せられるのだろう。                 裁判所の階段


一番シンプルなやり方を考えました。
それは「ひらめいたら行動する」ことです。


ひらめきはいつ来るの?

それは何も考えない瞬間です。
朝、目覚める時。
仕事を終えて、ほっとした時。
熱く興奮した後の、余韻の時。
用事を終えて、どっかりと座った時。などなど。

テスト時間が終わったとたんに、答えを思い出した時ってありませんか?
そうそう、そのタイミングです。
共通するのは、アルファ波が出たときです。

ひらめきは24時間やって来るのですが、
私たちの心が忙しくて、
受信状態になっていないだけなのです。
だから、ほっとして、何も考えない瞬間に
ひらめきを受信する訳です。


ルナの場合は朝、キッチンに立った瞬間に、小さな閃きが来ます。
それは友達の顔だったたり、何かのキーワードだったり。
ほんのほんの小さなことです。

小さなひらめきにリアクションしてみよう。

ひらめくと、必ず、行動をとってみます。
友達の顔が浮かんだら、電話をかけたり、メールや手紙などで、
連絡を取って見ます。
すると、大体、相手もちょうど連絡しようと思った所だと言って来ます。
人の思いは一直線に相手に届くのです。

文章の書き換えが閃いた時なんか、取りあえず、その通りに書き換えてみます。
すると、その方がずっと良い結果が出ます。

「閃いたら行動する」。
それは閃きに対する検証でもあります。
その閃きが何をもたらすのかを
確認してみます。
そうやって、自分の閃きに対する信頼のルートを
大きく育てて行くのです。



話は戻りますが、あの時、福島さんと出会うかどうか。
それはやはり、それぞれの自分の閃きに対する行動の結果でした。

「閃いたら行動する」
これには勇気が要ります。
でも、ほんの小さな勇気です。
ちょっと面倒くさいかもしれません。
しかし、その行動が見えない世界の「はからい」と融合して、
人生を肯定的に変化させていくチカラとなって行きます。


行動し始めた頃は、
よくそれを引き留めるような現象が起こります。
これをしたいと思った時、
友達に話してみると、
「そんなの止めたら。」と言ってきたりします。

けれどもそれは、
人が言っているのではありません。
それは古いあなたの声が
言わせているのです。


さあ、どうしましょう。
そこに引き留まるか、行動するかは
あなたの自由です。
でも、もし人生を変えたかったら、
行動しましょう。


 ところで、福島さんが見た「妊娠の夢」を覚えていますか。
第7話です。こんな夢でした。

妊娠する夢を見ました。白い腹帯までしていました。

これは夏の事でした。
「腹帯をしているので、五か月後に何かあるんじゃないかしら」と
みんなで解釈しました。
その五か月後が、ちょうどこの日に当たりました。

夢ってこんな形で予知してくれるのかな。

神様のおそばで御用をしながら過ごしたいという
福島さんの思いが現実化しました。
後に福島さんは介護の仕事を始めたと聞いています。



さて、これで福島さんのお話は終わりです。
次回からは車シリーズの人のお話です。どんな展開が待っているのでしょうか。



次へ⇒

[PR]
# by yumemiryoku | 2008-12-16 00:00 | 第15話出会いの神様を味方に

『くるま』はあなたの状況を示しています。

e0184648_22154861.jpg
今回から新たに、城後さんの夢です。
2回目のセミナーで発表した夢はこうです。

車の運転席に座っているけど、
その車は座席とハンドルだけで、
ボディもタイヤも何もありませんでした。


「自動車」などの「乗り物」は、今の状況を見せてくれるシンボルです。

くるまの大きさは?

同じ自動車でも、大きい車になるほど、その人の持つエネルギーの大きさ、
活動の規模の大きさなどを示します。
自家用車より、バスやトラック、それよりも列車というように。

誰が運転していますか?

自分が運転していれば、今の課題に自分自身で取り組んでいますし、
人が運転していれば、運転している人に任せている事になります。

どこを走っていますか?

道路の状況も大事な手掛かりです。今の状況を更にわかりやすく、伝えてくれます。
凸凹の道、舗装した道。曲がりくねった道、アップダウンの道。
行き止まり。高速道路。そして、駐車場で一服。
今あなたが辿っている人生の道そのものです。

それらを組み合わせて、今置かれている状況を判断しましょう。

も、自転車で行くのか、バスで行くのかで違いがあります。
自転車は、生活のバランスを取っているかどうかを
教えてくれています。
バスなど公共のものは、何か社会につながる事を暗示します。


それでは、城後さんの夢を解釈してみましょう。

車の運転席に座っているけど、その車は座席とハンドルだけで、
ボディもタイヤも何もありませんでした。
 

ひどい状況です。
進むにも進めないし、身体を守ってくれる、ボディもありません。
そして、実際にこの時は「とても大変」な状況だったそうです。

 後で分かったのですが、ご主人の会社の事務員さんが定年退職されて、
城後さんが事務を手伝うことになった所だったそうです。

まさしく、新しい環境に放り込まれて
大変な状況だったのですね。
それでも、それに座って、運転しようとしているのです。
逃げないで、自分で取り組もうとする、覚悟が見えます。



『ボディが無い車』はどうしたら変わる?

ボディが無いという事は、想像の中では何にでも改変できる、
という事でもあります。
こんな夢は瞑想で、好きなボディを作りましょう。

この日の瞑想でも、城後さんには好きな車をイメージしてもらいました。
それが早速成功したようです。

* * *


3回目のセミナーで発表した夢です。

 赤いジャガーが出て来ました。


聞けば、前回の瞑想で、ジャガーをイメージしたそうです。
そうしたら、夢にちゃんと出て来たのですね。
すごいイメージの力です。

解釈もしておきましょう。

これは高性能のスポーツカーです。これからの本人の進み方のを象徴しています。

」は情熱。活動。
ジャガー」はもちろん、車の種類ですが、
ここではネコ科の動物としても、考えて置きましょう。

動物が出てきたら?

動物は、女性性と男性性に分けてみます。
ネコ科は女性性のシンボルです。ライオンも、虎も同じです。
女性性は直観や感情の側面を表します。
それから、その動物に対して、どんなイメージを持っているのか
ちょっと考えましょう。

動物については、本人の持つイメージが大きな意味を持っています。
かわいい。速い。獰猛だ。怖い。美しい。などなど。

ジャガーの場合はしなやかさ、美しさ、獲物を追いかけるスピードが印象的です

赤いジャガーは直観に従って行動する城後さんの一側面だ
と言う事がこれで分かります。


城後さんは「本当は夢セミナーに出て来れないほど、大変な状況なんです。」
と言われました。
それでも、遠路はるばる出掛けて来るのは、きっと、
直観がそうさせるのでしょうね。



次へ⇒

[PR]
# by yumemiryoku | 2008-12-15 00:00 | 第16話ハンドルだけの車の夢 

5回目の夢です。

 S市からK市へ向かって車を運転していると、e0184648_13533117.jpg
前の方に、50ccの原付で走っている女の人がいました。
後ろに野菜をいっぱい積んだ箱を載せていました。

ところが、そのバイクがひっくり返ったんです。
転んだ女の人はこちらをしっかり見て、
さっさと散らばった野菜を拾って、元に戻し、
また走って行きました。

地名がやけにはっきりとしていて、
女のひとの目としっかりと合ったのが、おかしかったです。
 


城後さんの夢には自分のシンボルとして『車』が出てきます。

この夢では、快適に車を走らせています。

新しい環境に慣れて、仕事がうまく回り出したのでしょう。
ところが、その前を行く原付の女の人が転びました。

夢の解釈の原則は、夢の中の登場人物は自分の一側面を表している
という事でした。
すると、『原付に乗っている女の人』も「自分」の事です。

本人のある側面では、わずか50ccの馬力しかなくて、
せいいっぱいだというのです。
しかも、ひっくり返ってしまいました。


ここで、城後さんの会社の状況が具体的に明らかになりました。
会社を辞めた事務員の使い込みが判明していたのです。
会社に大損害を与えていました。

その問題は、城後さんではどうにもならないほど、大きな問題だったのです。

それでも、夢の中の、ひっくり返った女性は、てきぱきと片付けて、
たくましく前進しています。

その女の人は城後さんの心の強さを表しています。
女の人と、目があったのが、とても印象的です。

これを解釈すると、
城後さんが、現実の会社での問題を何とか処理している、
あるいは、
処理するだろうと考えられます。


城後 夢では車を運転していたけど、
    50ccの女の人も確かに自分だと思います。
    それにしても、50ccとは・・・。

るな 50ccを1000ccにする方法があります。
    それが瞑想です。食べ物が肉体を養うように、
    魂にエネルギーを与えるのが瞑想だそうです。


* * *



こんな話をして、二週間後に発表した、6回目の夢です。

家の屋根に電線を付けています。
よじ登って、白く太いのを二つに分けて渡していました。


今回の夢では、『家』の『屋根』に『電線』をつけています。

は何度も出てきましたが、自分の肉体や状況を表していました。
家の中でも、屋根にはまた意味が有ります。
おおまかに捉えれば、一階が肉体。二階が精神。屋根は霊性を示します。
(屋根には保護するものという意味も有ります。)

電線は当然のことながら、電気を取り込むためのものですが、
夢の中の電気は、「エネルギー」のシンボルです。
人間は現実でも、ある意味、エネルギー体です。
これで本人がエネルギーを増大させようとしている事が分かります。


その電線が「白くて太い」のにも意味がある?

白色は真実や清らかさを表しますが、第4話でお話した
チャクラから言えば、頭頂にあるチャクラのシンボルになるからです。
名前はクラウンチャクラです。
「屋根」と「白色」はどちらも、霊的な身体から見たら、同じ場所です。

屋根の上に白い電線を取り付けるという事は、
霊的な体に、
宇宙とつながるアンテナを立てたことを
暗示しています。
それは本人の意識が拡大している事を表しています。
また、電線を通して、
宇宙からいろんな情報が来る事を暗示します。


城後 夢がこんなに大切な事を教えているなんて、思いも寄らなかったですね。
    にも伝えなきゃ。

城後さんが夢からメッセージを受け取る重要さに気づいた事を、
示しているのかもしれません。
現実が大変な状況でも、それでも、セミナーに出てきて、
夢を学ぼうとしているのもその表れです。

このころ、城後さんの会社の問題も、ひとつ解決の糸口が出て来ました。


この短い夢は、
解釈するときには、
多層的に捉えることも大事だ
という事を教えてくれています。
それは、
私たち誰もが多層的に生きていることをも
示しています。



次へ⇒ 

[PR]
# by yumemiryoku | 2008-12-14 00:00 | 第17話バイクがひっくり返る夢

7回目の夢です。
e0184648_22595378.jpg


 人の目が出て来ました。その片方はエメラルド・グリーンでした。


城後さんの夢で印象深いのは『目』です。
この前も、バイクで転んだ女の人と、しっかり目が合いました。

』は魂の目、真実、理解などを表します。
特に『目が一つ』は神の目のシンボルです。


城後さんの夢は両目ですが、片方がエメラルド・グリーンです。
ですから、両目であり、片目でもあると解釈出来ます。
それは魂の目であり、万物を見渡す神の目でもあります。
ハイアーセルフの目とも言えます。

エメラルド・グリーンは「癒しや精神性」を示す色です。
チャクラでいえば、ハートの部分です。愛の色です。

その眼だけが夢に出て来ました。
これは城後さんを見つめる目です。

「目」を夢や瞑想で見てしまうと、
この眼が、自分のすべてを知っていて、
何をしているのかを、
黙って見られている事を知ります。


私たちは毎日
ただ食べて、働いて、生きているようだけど、
「人間がこの世で生きているのは何のためだ。」
と、問いかけられている
気持ちになります。
また、
どんなに困難な状況でもやり遂げるのですよと、
励まされているようにも思われる、
そんな存在です。


城後さんは、現実の会社の大変さに真正面から取り組みました。
それを魂の目は黙って見つめているよと教えています。
精神的、霊的な成長を一つ、成し遂げた証です。

この夢からは私たちが目の前の困難に積極的に取り組むことが、
スピリチュアルな成長を促すことがよくわかります。

* * *


ハイアーセルフってなんですか?

さて、これまでに「ハイアーセルフ」という言葉が何度か出て来ました。
初めて聞く方もあるかと思います。
少し説明してみましょう。

「セルフ」とは「自己」のことです。
自己の中には高次の部分と低次の部分があります。
その「高次の自己」を「ハイアーセルフ」と言います。
「低い次元の自己」は「ロウアーセルフ」です。

ハイアーセルフは訳して「大いなる自己」ともいいます。
自分の中のより神に近い部分です。
それを人によっては、「魂」とか「神」とも表現します。
「宇宙」と言う方もあります。

この表現の差は、多分自分のことをどの程度の大きさで捉えているかで、
違ってくるのだろうと思います。

あなたは自分についてどのように考えていますか。
  私とはこの肉体のことだ。
  私とはこの肉体に閉じ込められている魂だ。
  私とは宇宙の一部だ。
  私とはこの世界のすべてだ。
  そんな事、考えた事もない。

人は様々に自分の事を捉えています。
その捉え方によって表現が異なってくるわけです。

私もセミナーの中では、魂とか神とかハイアーセルフとか、
守護の方、ガイドとか、状況によってその都度表現を変えています。

夢の中ではハイアーセルフはどんな姿をしてる?

夢の中では、いろんな姿を取って出てきます。
これまでも、婦長さん、眼鏡をかけた女の人、目という姿で登場しました。
これって、自分の一部でしたよね。

心理学で言う、老賢人、大いなる母、童、
複数の黒っぽい姿をした男の人たち、
などもそうです。
その他にも、小動物の姿を取ったりもします。

その存在たちは、
「ああしろ、こうしろ。」とは言ってくれません。
ただ、妙に印象深い姿をして現れます。
具体的なメッセージは、ポスターや、
テレビのコマーシャルなどの形で
表わされることもあります。
どうしても伝えたい事は、
ユーモアを交えて、教えてくれますよ。


ある人に尋ねたことがあります。
「ハイアーセルフとはどんな姿をしているのですか?」
「小麦粉のようなものです。パンになったり、パスタになったり、
うどんになったりと、色んな形になります。」
と教えていただきました。
これはとても分かり易い例えです。

ハイアーセルフに会いたい!

これはまた別の人の夢の話です。
ハイアーセルフの姿が見たくって見たくって、寝る前にお願いしたそうです。
「どうぞ、姿を見せてください。」と。

そうして出て来たのは、つまらないおじさんだったそうです。
がっかりしたし、こんな人はハイアーセルフではないとも思ったそうです。

でも、これこそハイアーセルフです。

この場合、夢にお願いした人が
ハイアーセルフに憧れ過ぎて、
自分より上の存在だと思っているので、
夢がわざとこうやって失望させて、
真実が見えるようにしてくれたのです。

上下関係は手放しましょう。
自分の中の一部と思うのが正解です。


これから紹介していく夢にも、姿を変えて、次々と出て来ます。
注目してみてください。
あなたの夢にはどんな姿で現れるのでしょうか。




次へ⇒

[PR]
# by yumemiryoku | 2008-12-13 00:00 | 第18話目の夢とハイアセルフ

人生を決定する夢があります。

今回から庵主の本山さんの夢です。
セミナーの一回目に皆さんに、忘れられない夢を発表してもらったのですが、
本山さんの夢は、こうでした。

光り輝いたお大師様が出て来られました。
その向こうにはさらに光り輝いたお釈迦様がいらっしゃいました。
お大師様が
「今ならお釈迦様がいらっしゃいます。
聞きたいことがあったなら、何でも聞いてごらんなさい。」
とおっしゃいました。
私は胸がいっぱいで何も聞くことが出来ませんでした。


本山  この夢をみて私は得度することを決心しました。

宗教用語が出てくるので、少し説明します。
得度とは仏門に入ることです。出家ともいいます。
お大師様とは空海の事です。弘法大師とも言います。
空海は歴史の教科書にも出てきますよね。真言宗を始めた僧です。
お釈迦様とは仏教を始めた人です。

この歴史上の人物が光り輝いて出て来ました。

この夢は、本山さんが高野山で修業をした時に、見た夢だそうです。
この夢には解釈は不要ですよね。
厳しい修行のあと、得度するかどうか。
女性の身で、いろいろと考えられたのでしょう。
夢が本山さんの道を示してくれました。

こんな夢を見たら、迷いも吹っ飛びます。
こんな、人生を左右するようなメッセージ・ドリームには
それを聞く人をも感動させる力があります。


本山さんは、それからずっと真言密教の庵主として、
朝夕、般若心経などを唱えながら、鐘を撞き、
御堂の不動尊を守って、
人々の相談に乗ってあります。
そんな方が、今回、改めて夢に取り組まれました。

* * *

夢が示すこれからの道 橋の夢

セミナーの二回目の時に発表された夢です。

本山 朝起きた時には夢を全く覚えてなかったけど、
    御堂の前にかかる橋のところに来て、ふと、夕べの夢を思い出しました。


実際の御堂の前の川には四つの小さな橋がかかっているのですが、
夢の中では一つになっていました。


るな 『』は「変わり目」のシンボルです。
    四つの橋が一つになったのですから、
    今取り組んでいる、四つの事が一つになるというような事が
    見当たりませんか。

本山 はい、あります。
    私にとってのこれまでの四つの柱とは、仏と神と○○と○○です。
    しかし、○○と○○は終わりました。

るな これまで、○○や○○の事でお世話をされてきましたが、
    それを全部ふまえて、しかも独自の教えを
    人々に伝える時期が来たのではないでしょうか。
    四つの橋が一つになったのですから。

本山 よくわかります。が、もう少し時間がほしいですね。


数字にも意味がある?
』はバランスのシンボルです。
もともと『』にもバランスの意味があります。
『2』には陰と陽、男と女、男性性と女性性のように、
二つの対立するようなもののバランスについて考えて行きます。

が、『4』になると、『2』に二倍の意味合いもかねて、
複合したバランスとなります。
自分の生活の中での四本の柱ってなんだろう、というように
探してみると、面白いです。
 
ルナもある時、夢で四本の柱を見た時には、
夢の学び、家庭菜園、キルト、家事という
四つについて、生活でバランスを取るようにという教えの夢だと考えました。

また、ずっと後には、四本の光るネオンの柱が家の四隅に立っている夢を見ました。
これは、バランスでも、マンダラに属する夢だったなと、後で思いました。
マンダラは心のバランスをとってくれる夢です。


バランスの夢を見たら?

いろんな分野のバランスがあります。
心のバランス、食べ物のバランス、
生活のバランス、趣味や仕事のバランス、など
自分で考えて見直すといいですよね。

『自転車』なんかもバランスの夢です。
走り続けないと、倒れてしまいます。
スピードや、道路の状況などがヒントになります。

さて、本山さんの夢に戻りましょう。

それまでは、四つの柱を持って、奉仕してありました。
特に○○字で伏せた、二つの事は、世の中のために、
何の見返りも求めずにされました。

それが節目に来て、新たな生き方を組み立てなおす時期に来ています。
四つの橋が一つになったのは、
これまでのものを統合して、一筋の道を示されたというのを
本人がいちばん承知しています。


それでも、新たな道を進むには、心の準備が必要です。
十分にウォーミング・アップすれば、時機が来て、
するすると導かれることがこの夢で分かります。



次へ⇒

[PR]
# by yumemiryoku | 2008-12-12 00:00 | 第19話 空海の夢 橋の夢

第20話 活け花の夢 

 さあ、5回目の発表です。

本山 前回は夢を見なかったので、夢の神様にお願いして、やっと見ました。

花を活けていて、しっくり行かないなと思っていたら、
誰かが一本抜いてくれました。
すると、とてもよくなりなした。
あれこれやりすぎるので、もっとシンプルにということだなと思いました。
またこれは夢だとわかっていました。
目が覚めて、質問すればよかったと思いました。
 


るな 惜しいことをしましたね!
    「夢を見ている自分」に気づくようになると、夢の中で、
    いろいろと尋ねることが出来るようになるそうです。
    この夢がそうです。

他の人たち 何を質問したらいいですか?

るな そうですねえ。
    この夢では既に「もっとシンプルに」というメッセージだと
    理解してあるので、
    他には、例えば「あなたはどなたですか?」とか、
    「減らした花は日常生活の中では具体的に何を指していますか?」
    とか、どうでしょうか。

夢の中で何でも質問が出来る!

とは言え、何を質問したらいいのか確かに分かりません。
皆さんに尋ねられて、考えたルナの質問もつまんないですねえ。

明晰夢というものがあります。

夢の中で意識を保っていられる状態を明晰夢と言います。

これは直接聞いた話ですが、
ネイティヴ・アメリカンの映画を作っていた日本人の監督が、
いろんな困難があって、映画作製を断念しかかった時に、
長老が夢に出てきて、
「なぜ、お前は作らないのだ。」
と、言って来たそうです。
彼らは今でも、夢見の力を伝えているのですね。

このように、古来から人間は、情報を伝達したり、
あるいは精霊から食べ物や薬草を教えてもらう時などに
夢見の力を利用した話は、いろんな文献にも見られます。

さて、本山さんの夢に戻りましょう。

「活け花の花を一本抜き取る。」
それだけで、すべてが伝わってきます。
見事です。

興味の赴くままあれやこれやとやって、
収拾がつかなくなるルナも耳が痛いです。
こんな夢を見た人は、いやがうえでも、自分の生活パターンを振り返ります。

本山さんは前回の夢に出て来た四つの橋を一つにするために、
生活の見直しが求められています。
本人にはそれが何かよく分かっています。
あとは実行のみです。


* * *


夢を見ないのはどうして?

さて、夢を見ない人も多いですよね。
夢は誰でも見ているので、覚えていないというのが実情です。

夢を見ない理由はいくつも考えられますが、
ルナの場合は、前に見た夢について、何も考察していないケースが多いです。

ですから、朝、何も覚えていない時には、
「ああ、やっぱりね。昨日の夢の解釈してなかったもんね。」
と、反省しつつ、夢を読み返して解釈するようにしています。
朝、起きて夢を覚えていないのは寂しいものです。

解釈が間違ったらどうするの?

解釈が間違っていてもちっとも構いません。
次の夢で分かりやすくアレンジしてくれます。
或いは、正しく解釈できる人に出会わせてくれたりします。
解釈しようと取り組むことに意義があります。

ただし
夢はシンボルで教えてくれている
という事は忘れないで。
シンボルはなぞなぞを解く気分で、
解きましょう。


また、夢が何もかも教えてくれると思うと、解釈を間違えます。
夢はあなたの人生を指図はしてくれません。

夢はシリーズで見せてくれるので、理解できない時は、
同じテーマでも別のバージョンに変えて見せてくれます。
それはそれは多彩です。


夢は手を変え品を変え、伝えようとしているよ。

ルナは一度、一晩で4回ぐらい夢を見たことがあります。
全部、違う夢でした。
ところが解釈してみると、なんと、みんな同じメッセージでした。

一つのテーマで、これだけ、自由自在にストーリーを展開させるのは
いったい何者だろう。
自分はこんなに発想が豊かではない。
夢は自分自身のには違いないのだけど。

自分の一部であって、自分をよく知ってくれていて、
とても発想が豊かな夢の作り手。
何者じゃ。
そんな、夢の作り手をとりあえずドリームメーカーとも言います。

瞑想で雑夢が消えます。

さて、本山さんもあまり夢を覚えていないと言われます。
しかし今回のように大切なメッセージの夢は覚えています。

これはどういうことだろうと思っていたのですが、
ある日、いっしょにお参りする機会を得たときにわかりました。

本山さんの御堂で一時間ほどお経を一緒に唱えました。
口と目は経文を追っているのですが、
だんだん瞑想状態になっていきました。
不思議な集中感です。

読経のなかには瞑想と同じ状態を作り出す仕組みがあったのですね。

瞑想をすると雑夢の課題を整理してくれるのです。
だから、ごちゃごちゃした夢は見なくなります。
本山さんは朝晩お勤めをすることによって、瞑想状態になり、
雑夢を消していたのですね。
ですから、必要な夢だけ覚えているのです。

これまで夢を見なかった人が、思い出せるようになって、
面白いメッセージを貰った人がいます。
それは少し先に登場します。
待ってて下さいね。

次へ⇒

[PR]
# by yumemiryoku | 2008-12-12 00:00 | 第20話 活け花の夢 

 瞑想も夢も同じ世界に繋がっているよ

本山さんは続けて、現実のお話をされました。
先日、高倉神社で瞑想をしていたら、何かを頂きました。
両手でそれを受け取ったのですが、
何を受け取ったのかが分からないのです。

るな このようなケースに対して、夢の方で質問する事に
    チャレンジしてみましょう。

瞑想と夢は
同じシンボルを使って解くことができます。
寝る前に、尋ねたいことを明確にして、
ノートにも質問を書いて、
寝てみてください。


夢への質問にはコツがある。

ルナはそろそろ、夢への質問をするという事を伝えようかと、
タイミングを計っていた頃でした。
始めから、夢に質問ができる事を教えると、つい依存したくなるので、
ある程度、解釈のポイントが掴めるまでと、待っていました。

すると、この日、本山さんが、「瞑想の中で受け取ったものが
分からない。」と発表されました。
これは、今日こそ「夢への質問の話」をしなさいというサインです。

サインが出たら、勇気を出して実行するのみです。

夢セミナーでは、このような共時性(シンクロニシティー)が
ひんぱんに起こります。
夢見の話には不思議なパワーがあるのです。

どうやって質問するの?

まず、何が知りたいのかを明確にしましょう。
そして、必ず答えを貰えると確信しましょう。
それから、ノートに質問を書いて、枕もとに置きます。
ノートは何でも、結構です。
ルナは広告の裏紙などを集めて、それに書き込みます。
あとはお休みなさい、です。

ノートに質問を書くのは大切な事です。
そのために、言葉を考えるからです。
それが、質問を整理することになります。
何が知りたいのか、けっこう曖昧なものです。

もう一つ。
翌朝、目が覚めると、せっかく夢を見たのに、
何を質問したのか、忘れる事がよくあるのです。
(忘れやすいのはルナぐらいかも…)

教えてくれないものもあるよ。

まず、人の事については、教えてもらえません。
たとえば「息子の受験は上手くいくでしょうか。」
なんかは人の事となります。

もう一つ、「どうしたらいいでしょうか?」
という質問にも答えてくれません。
選択は自分自身でするしかないのです。

今ここで、ルナがお話したことも、
先入観となってしまうので
実際に質問して、
自分で体験するのが一番ですよね。

注意点もあるよ。

毎日質問すると、夢から何か伝えたいことがあった時に
受け取れなくなります。
質問はほどほどにしましょう。

また、質問をいくつも並べても、駄目です。
せっかく夢を見ても、どの質問の答えか分からなくなるからです。
一日一つが、いいですよ。

また、ある程度シンボルの解釈が出来るようになってから
チャレンジしましょう。


「夢の通りにしたら、失敗した。もう夢なんか決して信用しない。」
という人がいました。
この人は、夢を何か当たりはずれの占いと勘違いしたようです。
せっかく、夢の解釈と出会ったのに、もったいないですね。

さて、本山さんの神社での瞑想の話に戻りましょう。

今回は「瞑想の中で受け取ったものは何か」を知りたいので
夢の中で答えがもらえないかという事です。
はてさて、夢が答えてくれるかどうかは、
全く未知数ですが、やってみて損はありません。

本山さんは以前、仏門修行中に、やはり、
瞑想の中で衣を貰った事があるそうです。

それが何を意味するのか、その時は分からなかったそうですが、
後に、それは修行の道中を守るものだったと分かったそうです。
昔話に出てくるようなお話が、夢や瞑想を通して、
現在でも連綿と起こっているのですね。

本山さんは夢に質問することにチャレンジしてくれました。
そうしたら、三つも夢を見ました。


次へ⇒ 

[PR]
# by yumemiryoku | 2008-12-10 00:00 | 第21話 夢には質問できる?

第22話 地震の夢

6回目の発表です。

さあ、瞑想中に頂いたものの答えは貰えたでしょうか。 
三つ夢を見ました。
一つ目は、地震が起こりました。テレビが震度7と伝えていました。
二つ目は、お風呂にゆったりと入っていました。
三つ目は、関わっている人々の名簿を渡されました。
グラフがついていて、魂のレベルが書いてありました。
「あなたより皆高いのだから、自我のレベルで対応しないように」
と言われました。
 
 一つ目の夢を解釈しましょう。
地震が起こりました。テレビが震度7と伝えていました。

地震』は変化を表します。
この頃は災害が多いので、つい、予知夢かと怖くなってしまいますが、
そうではありません。

夢の中での自然災害は人生の大きな変化を示します。
心の変化、環境の変化などなど。

意識しないと、気づかずに終わってしまう事かも知れません。

ですから、
夢日記には現実の出来事も
並行して書き留めて置きましょう。
ずっと後に、この事だったのかと分かることもあります。
これを積み重ねていく事で、
自分の夢との信頼のパイプを太くして行くのです。


テレビ』は現在起こっていることを示すシンボルです。
まさに地震で示す変化が「7」という数字で具体的に示されました。

』はという数字は神秘を表すシンボルです。
チャクラでいえば、頭頂のクラウンチャクラです。
これらを組み合わせると、霊的な変化を暗示する夢だと解釈できます。

では二つ目の夢を見てみましょう。
お風呂にゆったりと入っていました。

『風呂』は浄化です。夢の中で心身ともに浄化されています。

三つ目の夢は?
関わっている人々の名簿を渡されました。
グラフがついていて、魂のレベルが書いてありました。
「あなたより皆高いのだから、自我のレベルで対応しないように」
と言われました。

さて、質問は「瞑想の中で頂いたものは何か?」でした。
その答えがこれでしょうか。

だとすると、高倉神社の神様から頂いたものは、
本山さんが関わっている人々の名簿です。
そして、その人たちにどう対応したらいいのかを教えられました。

明確なメッセージ・ドリームです。
本山さんはお参りに来る人々と、共に読経をして、
相談にも乗っておられます。

雑談になれば、つい、わがままや、不満などが表面に出て来ます。
本山さんは大勢のそうした人たちの話を聞いてあげています。
しかし、表面のそうした点には惑わされず、
魂を見るようにとのアドバイスです。

だれもが成長しようとする魂を内に持っています。
それは神の分身でもあるのです。
でも、それを忘れてしまってるのが私たちですよね。


人の愚痴などを聞かされると、後で心の処理が大変です。
それで、先ほどの夢のようにお風呂に入って、時には浄化する訳です。

それでも、夢はもっと大局から捉えるようにと教えます。
気付きを得たら、さらに大きな愛で人々と接するようにと。
悟れば悟るほど、実践は厳しくなっていきます。

これらの三つの夢から
本山さんが神社でいただいたものは、
霊的な大変化の知らせ、浄化、魂についての教え
のどれかということになります。
全部かもしれませんね。


さて、この後、本山さんはある体験をします。
それを人に伝える事を禁じられていました。
ところが、事情を知らないルナたちでも、
本山さんの夢を解釈していると、その体験が想像できました。
これが地震が震度7に相当するようです。


夢はまさしく、現状を教えてくれます。
本山さんになにが起こったのか話してもOKと言ってくれたら、
あとで報告しますね。

という事で、本山さんの夢シリーズはここでおしまいです。

次回からは、お父さんの介護をしながら、
夢セミナーに出席してくれた人のお話です。


 次へ⇒  


10月1日から
『古事記の神々』を開設しました。
日本神話の女神や姫宮の紹介です。
左のバナーからリンクしています。
覗いてくださいね。  (^-^)  るな

[PR]
# by yumemiryoku | 2008-12-09 00:00 | 第22話 地震の夢

第23話 大学の夢

 夢は白黒?それともカラー? 

大井さんは普段からあまり夢を見ないタイプです。
しかし、この夢セミナーを受けようと思ったとたん、
夢を見始めました。

それでも、見ているのはわかるけど、書き出せませんでした。
このような人は多いですよね。
そんな人は夢の断片を拾い出すことから始めましょう。

 私は、テキストとして『ドリーム・ブック』(中央アート出版)を
推薦しましたが、自分で探して買って貰うようにしました。
自分で買いに行こうと決意することが夢に対して、
「取り組むよ」と言う意思表示になるからです。

その時点からゲームはスタートするのです。
このように、何か行動することも、
夢を覚えていられるようになる秘訣になります。

 初回に他の皆さんが印象深い夢を発表しているのを聞いて、
大井さんは「夢ってカラーなんですか!?」と驚いていました。

そんな大井さんのセミナーの2回目の時の発表です。
大学へ行くのですが迷路のようで、なかなかたどり着きません。
服も着るものがなくて困っていました。
色も赤だとわかってはいるけれど、カラーではないんです。

学校は人生での学びのレベルを知らせています。
何か課題があって、それに対して、小学校レベルか、
高校レベルかというふうに見て行きます。

課題が何かは本人が考えるしかありません。
しかも、その課題から逃げても回避は出来ません。
何度も繰り返し取り組むようになっています。

人生の課題からは逃げられないよ。

こんな例を紹介しましょう。
あるOLが、会社に一人だけどうしても嫌な人がいたので、辞めて転職しました。
しかし、新しい職場でもやっぱり同じように嫌な人がいました。

この女性は新しい職場でどうしたらいいのでしょうか。
答えは、自分が変わらないといけないという事です。

嫌な人って必ずいるのですが、残念な事に、自分も同じように嫌な部分を持っています。
だから、その人に反応するのです。
スピリチュアルな学びとは、
人生に登場する嫌な人は自分の鏡だと、気づいて行く事なのです。
今、その課題から逃げても、気づくまで嫌な人が現れます。

さて、大井さんの夢に戻りましょう。

この夢では大学です。高度な学びをする所です。
でも、そこまでが迷路になっているし、着る洋服もありません。
これが今の大井さんの状況です。
課題とは今始まった夢学びの事でしょうか。
それとも、人生の学びの学校の事でしょうか。

ただ、大井さんはそれに取り組もうとしています。
戸惑っているだけです。
何が課題なのか、本人が一番分かっています。

ところで皆さんの夢は白黒ですか。それともカラーですか。

夢は本来カラーです。
色がきれいなほど、心の状態も透明だと言えます。

夢は白黒だという話が、かつて、ありました。
これはアメリカで実験して得られた結果だそうです。
心理学が登場し始めて話題になった時代のことです。
実はその時代はテレビが白黒だったそうです。
人々の夢を調査すると、みんな白黒だと答えたそうです。

ところが、カラーが普及してから、調査してみると、
人の夢もカラーになって行ったという報告が出ています。

テレビの影響はかなり大きいのですね。
ルナも夜テレビを見て寝ると、夕べ見た番組の嫌なシーンが
目覚めの時にパッと現れる事が続いてからは、
見る番組を気をつけるようにしています。

私たちの潜在意識は架空の事件でも現実でも
同じように取り込んでいきます。

これが、よくも悪くも働くのです。

良い方に利用するのが、最近の自己実現の本に書かれている、
アファーメイションなど、プラスの言葉を宣言する方法です。
胎教で良い音楽を聞かせるのも良い方に利用したものです。

出来るだけ良いもの美しいものに触れて潜在意識に良い影響を与えましょう。




次へ⇒ 

[PR]
# by yumemiryoku | 2008-12-08 00:00 | 第23話 大学の夢