カテゴリ:第30話 鉄の鳥の字の夢( 1 )

不思議な形の夢 

林さんが二回目のセミナーで発表した夢です。
鉄でできた鳥という字を手に受け取りました。
この御堂で。
鉄の重みや材質感が今でも残っています。

林さんは話しながら、物を受け取るような仕草をしました。
『鉄の鳥の字』とはまた不思議なものです。
鳥の文字を誰かから頂いたのです。
それが鉄でできていました。
多くのメッセージが込められているようです。

さあ、夢からの謎々を解きましょう。
『  』は「強い意志」を表します。
『  』は「より高い気づきのレベルへ到達する能力」です。

この二つを組み合わせると「霊的成長への強い意思力」となります。
それを与えられたという夢です。

これは、林さんの霊的なレベルでの、新しい展開の幕開けのような夢です。


聞くと、林さんは夢の中でいろんな所へも飛んで行くそうです。
夢の学校の上級生です。
どうやら、林さんには、もうワンランク上のレッスンが与えられるようです。
次のステップに上がるためには、この『鉄の鳥』が不可欠なのでしょうね。

夢は一種の幽体離脱?

ここで、林さんが夢の中で重みを感じたり、
材質感がはっきりしている事、について考えてみました。

ベティ・べサーズによると、私たちは寝ている間、
肉体から魂が抜け出て、四次元の世界に行っているそうです。
江原啓之さんも同じような事を言っています。

夢の世界はいろんなジャンルが、多層にわたって存在し、
自分の波動と一致するところに行くそうです。

インター・ネットの世界を考えるとわかりやすいですよね。
いつもお気に入りのサイトに行くようなものです。
夢でもお気に入りの世界に行くのです。

え?お気に入りではない所に行ってるって?

夢の中で、闘ってたり、焦ったり、テストに落第してるって?
そうですねえ。
こんなの、お気に入りじゃないですよねえ。

それでも、夢は今のあなたの状況を見せている訳ですから、
こんな嫌な夢を見るという事は、やはり起きている時に、
同じような心の世界にいるのです。

ただ、夢のもう一つの働きとして、嫌な夢を見せて、
整理をしてくれるという一面があります。
嫌な夢はあなたを助けて浄化してくれているのです。

有り難いですねえ。
これについては、次の章で詳しくお話します。

話を戻しましょう。
もし、クリアーで色のきれいなキラキラする夢の世界に行けたら
ハッピーですよね。

良い夢を見ているのに、現実が大変な人は?
実は魂のレベルで望んだ苦労なのです。
ですからこの三次元がつらい状況でも、
幸せとは何かを本質の所で知って、歩んでいるのです。

今のは、廻りくどい言いかたでした。
要するに、私たちは苦労して、つらい目にあって、
そうして、幸せとは何かを知るようになっているのです。

ツライノハ嫌ダヨ。
でも、地球ってそんな学校だから、仕方有りません。

だから今が辛くても、嘆かずに、
発想の転換をしましょ。
魂からの宿題が出ているのです。
宿題を解くように努めましょう。

それに一人っきりで人生を歩んでいるのではありません。
ハイアーセルフやサポーターがついているのです。
この人たちに夢の中で会えるのです。

そして、教えやアドバイスをもらっています。
これは誰でもです。
しかも毎晩。
それなのに、目が覚めるとすっかり忘れてしまいます。

そこで、夢を思い出すトレーニングを勧めているのです。
毎日毎日、メッセージが出されているので、
トレーニングなら毎日できます。

駅前留学ならぬ、睡眠留学です。
こちらは無料です。
これを利用しない手はありません。

こうやって、自分の夢へのつながりが強くなると、
夢の中でも意識が保っていられるようになり、
林さんのように、触覚までも感じられるようになると思われます。



次へ⇒ 

[PR]
by yumemiryoku | 2009-11-01 20:44 | 第30話 鉄の鳥の字の夢