カテゴリ:第20話 活け花の夢 ( 1 )

第20話 活け花の夢 

 さあ、5回目の発表です。

本山 前回は夢を見なかったので、夢の神様にお願いして、やっと見ました。

花を活けていて、しっくり行かないなと思っていたら、
誰かが一本抜いてくれました。
すると、とてもよくなりなした。
あれこれやりすぎるので、もっとシンプルにということだなと思いました。
またこれは夢だとわかっていました。
目が覚めて、質問すればよかったと思いました。
 


るな 惜しいことをしましたね!
    「夢を見ている自分」に気づくようになると、夢の中で、
    いろいろと尋ねることが出来るようになるそうです。
    この夢がそうです。

他の人たち 何を質問したらいいですか?

るな そうですねえ。
    この夢では既に「もっとシンプルに」というメッセージだと
    理解してあるので、
    他には、例えば「あなたはどなたですか?」とか、
    「減らした花は日常生活の中では具体的に何を指していますか?」
    とか、どうでしょうか。

夢の中で何でも質問が出来る!

とは言え、何を質問したらいいのか確かに分かりません。
皆さんに尋ねられて、考えたルナの質問もつまんないですねえ。

明晰夢というものがあります。

夢の中で意識を保っていられる状態を明晰夢と言います。

これは直接聞いた話ですが、
ネイティヴ・アメリカンの映画を作っていた日本人の監督が、
いろんな困難があって、映画作製を断念しかかった時に、
長老が夢に出てきて、
「なぜ、お前は作らないのだ。」
と、言って来たそうです。
彼らは今でも、夢見の力を伝えているのですね。

このように、古来から人間は、情報を伝達したり、
あるいは精霊から食べ物や薬草を教えてもらう時などに
夢見の力を利用した話は、いろんな文献にも見られます。

さて、本山さんの夢に戻りましょう。

「活け花の花を一本抜き取る。」
それだけで、すべてが伝わってきます。
見事です。

興味の赴くままあれやこれやとやって、
収拾がつかなくなるルナも耳が痛いです。
こんな夢を見た人は、いやがうえでも、自分の生活パターンを振り返ります。

本山さんは前回の夢に出て来た四つの橋を一つにするために、
生活の見直しが求められています。
本人にはそれが何かよく分かっています。
あとは実行のみです。


* * *


夢を見ないのはどうして?

さて、夢を見ない人も多いですよね。
夢は誰でも見ているので、覚えていないというのが実情です。

夢を見ない理由はいくつも考えられますが、
ルナの場合は、前に見た夢について、何も考察していないケースが多いです。

ですから、朝、何も覚えていない時には、
「ああ、やっぱりね。昨日の夢の解釈してなかったもんね。」
と、反省しつつ、夢を読み返して解釈するようにしています。
朝、起きて夢を覚えていないのは寂しいものです。

解釈が間違ったらどうするの?

解釈が間違っていてもちっとも構いません。
次の夢で分かりやすくアレンジしてくれます。
或いは、正しく解釈できる人に出会わせてくれたりします。
解釈しようと取り組むことに意義があります。

ただし
夢はシンボルで教えてくれている
という事は忘れないで。
シンボルはなぞなぞを解く気分で、
解きましょう。


また、夢が何もかも教えてくれると思うと、解釈を間違えます。
夢はあなたの人生を指図はしてくれません。

夢はシリーズで見せてくれるので、理解できない時は、
同じテーマでも別のバージョンに変えて見せてくれます。
それはそれは多彩です。


夢は手を変え品を変え、伝えようとしているよ。

ルナは一度、一晩で4回ぐらい夢を見たことがあります。
全部、違う夢でした。
ところが解釈してみると、なんと、みんな同じメッセージでした。

一つのテーマで、これだけ、自由自在にストーリーを展開させるのは
いったい何者だろう。
自分はこんなに発想が豊かではない。
夢は自分自身のには違いないのだけど。

自分の一部であって、自分をよく知ってくれていて、
とても発想が豊かな夢の作り手。
何者じゃ。
そんな、夢の作り手をとりあえずドリームメーカーとも言います。

瞑想で雑夢が消えます。

さて、本山さんもあまり夢を覚えていないと言われます。
しかし今回のように大切なメッセージの夢は覚えています。

これはどういうことだろうと思っていたのですが、
ある日、いっしょにお参りする機会を得たときにわかりました。

本山さんの御堂で一時間ほどお経を一緒に唱えました。
口と目は経文を追っているのですが、
だんだん瞑想状態になっていきました。
不思議な集中感です。

読経のなかには瞑想と同じ状態を作り出す仕組みがあったのですね。

瞑想をすると雑夢の課題を整理してくれるのです。
だから、ごちゃごちゃした夢は見なくなります。
本山さんは朝晩お勤めをすることによって、瞑想状態になり、
雑夢を消していたのですね。
ですから、必要な夢だけ覚えているのです。

これまで夢を見なかった人が、思い出せるようになって、
面白いメッセージを貰った人がいます。
それは少し先に登場します。
待ってて下さいね。

次へ⇒

[PR]
by yumemiryoku | 2008-12-12 00:00 | 第20話 活け花の夢