ドリームレッスンするかな…



現在、ブログ記事は『ひもろぎ逍遥』で展開しています。
これは『ひもろぎ逍遥』の再掲です。


オーガニックひふみさん、海神商店さんの企画で古代史のお話し会をしたあとの交流会が
とても印象深かったのが、まだ心の中に残っています。

またお話し会をという案も出たりしていますが、
昨日から自分の中から湧いてくるものは、古代史でなく、夢セミナーでした。

私は過去世を沢山思い出したのですが、ヒプノセラピーの例は一つだけで、
あとは病の長い眠りから覚めた時、車の運転をしながら、
または肩の痛みにアクセスしたとき、などなど普段の生活の中で起こりました。



その原理について考察して、小説仕立てにしたのが「ガイアの森」ですが、
その中に出てくる「古代の森研究所」こそ、私の理想の形態なんですね。

小説では「原初のエネルギー」を受けられる場として「古代の森」を設定しましたが、
玄海灘に住む私たちは「原初の海のエネルギー」を神社に行けば充分にいただけるんですね。

それが、志賀島の沖津宮から帰って自分の中に起こっていることそのものでした。

一昨日、出会った人からは
「福岡の玄海灘のいくつもの神社の気が高いと、県外の禰宜さんから言われた」
と言われ、
昨日、会った人からは、
「夢ってやっぱり大事ですよね。ガイアの森のように夢を勉強したい。」
と、言われました。

自分の中から芽生えた思いと合致したのでした。

私自身、先週見た夢のシリーズは
金の棺、銀の棺、あるは天井の釘を抜くというシンボルでした。
一つの次元が終わり、新しい次元が始まる事を暗示していました。
何が始まるのだろうと思っていたのですが、それが「夢」のことでした。

もう一度、ドリームレッスンをしよう。
スピリチュアル・夢・セミナー。

私たち人類すべては毎日必ず変性意識を体験している。
それは眠りから覚めるとき。

無意識から覚醒状態に移行する時、必ず変性意識を通っているのです。
その意識状態はひらめきを察知する状態。

あらゆる次元にアクセスする意識状態。
シンクロニシティのサインに満ち満ちていることに気付く状態。

それを意識的に再現させる技術の一つとして「夢を思い出す」という行為に注目したのです。

海神商店さんの
「もう時間がないでしょ。癒され、禊いだら、目覚めるしかないでしょ」
が頭の中をリフレインしています(・.・;)
「アクション」もね。

ちょっと、会場探しなんぞをしてみます。



c0222861_21323128.jpg
ここはイザナギが禊ぎをした小戸。向こうは仲津宮。
水は無意識。浜は顕在意識と無意識のあいだ。すなわち変性意識。

ここを自分が渡った事は現実ですが、人生のシンボルとしても捉えることができます。




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif





★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



[PR]
by yumemiryoku | 2014-06-02 23:32 | ドリーム・レッスン