第26話 チョコとお布施の夢

エンジェルカードの不思議

今回から新しく沖さんの夢です。
 
 沖さんは人生の節目ごとに、メッセージ性のある夢を見ているので、
「夢の勉強をしたいな。」と、思っていたそうです。

そんな折、本山さんの御堂を訪ねると、
ちょうどルナから夢セミナーの案内書が届いていました。
ですから、それを見て、すぐに申し込んでくれたそうです。

 本山さんは、手作りのオリジナルのエンジェル・カードを
作っています。八十枚あります。
その中から一枚を引いて、メッセージとするのですが、
これが結構タイムリーなものを引き当てるので面白いです。

その日、沖さんが引いたカードはこんな文でした。

 「何か良い事をしようと思う人に、一番必要なものは、最初に賛成してくれる人です。
  これによって、その人は勇気百倍し、その事を成功させる力を持ちます。」


その時一緒にいた福島さんもカードを引いたら、
全く同じカードを引いてしまいました。
「あれだけしっかりと切って混ぜたのに。こんなことがあるとは…。」
と三人で思ったそうです。
そんな事があったので、福島さんも夢の勉強をする事にしました。

この話を後で聞いて、ルナもすっかり感動しました。
「自分が人に役立つ事はなんだろう」と考えて、
「夢の解釈なら人に伝えられる」と思って始めた夢セミナーです。

けれども、一緒に勉強しようと思ってくれる人がいないと、何も始りません。
このエンジェルカードの「最初に賛成してくれる人」がいて、
物事は始まるのですよね。

確かに、こんなカードの偶然の出来事を聞いて、ルナは勇気百倍でした。


夢が大切な事を思い出させてくれました。 

こんな沖さんが3回目の夢セミナーで発表された夢です。

法事があって、ついて来た子供にお菓子を買ってあげようと
店に入った夢でした。
チョコレートを買いました。
お坊さんには五千円包もうと思いました。

るな 夢の中の子供は自分自身のある側面を表していましたよね。
    ここでは、無邪気で素直な子供のような側面を持っているという事を
    教えています。
    そんな自分自身に、チョコレートをあげています。
    「チョコレート」は自分へのごほうびを意味しています。

    お坊さんとは精神的な導師の事です。
    何でもないお布施の話ですが、という数字は
    「今すぐ変わりなさい」という意味を持っています。

お金は「変化」を表します。
仏僧は「カルマ」を説く役割も持っています。
何か心当たりはありませんか?
「カルマを返済する」というような事です。

沖   あーっ。思い出しました。
    私、昔、神様に助けてもらった事があるんです。
    昔、おもちゃ屋を経営していたころ、月々の支払いが滞り出して、
    明日、現金がどうしても足りなくて、一人、
    風呂場で泣いたことがあってですねえ。
    裸で「神様仏さま、助けてください。返せるようになったら、
    必ず返しますから。」と心から祈ったんです。
    すると、翌日、本当にお金が手に入ったんですよ!

    どんな風に入ったと思います?
    次の日は隣のご夫婦が引っ越して行く日だったんですが、そのご夫婦が
    「銀行に預けていた預金の管理をしてくれないか。」と言って来られたんです。
    途中解約するのはもったいないし、満期になってこちらまで
    わざわざ引き落としに来る訳にもいかないし、という事情でした。
    「満期になったら、引き出してこちらに送ってください。
    それまでは自由に使っていいです。」と。

    それで助けられたんです。
    神さまや仏様は必ず、います。

 驚くべき話を聞かせてくれました。
本当にこんな奇跡を見た人が身近にいるのかと私も感激しました。

今回の夢は、そういうご加護があったことを本人に思い出させてくれました。

さて、これに対してどう行動したらよいのでしょうか。
お金はきちんと返しています。
きっと、そういうご縁を下さった神仏に感謝し、
今度は自分が神仏の代わりになって、
身近な人々に力になってあげればいいのでしょうね。

この時もう一つの夢を発表されました。
パチンコをしていました。


沖さんはきっとパチンコを普段からするのだろうと、勝手に思い込んで、
この夢を解釈せずに済ませました。
すると、よほど大事な夢だったようで、
この後、再びこの夢を見たそうです。
それについては次回お話しましょうね。

こんな単純な夢でも、メッセージがあるのを教えられました。


次へ⇒ 

[PR]
by yumemiryoku | 2009-10-20 16:17 | 第26話 チョコとお布施の夢