第11話 洗濯機を廻す夢

家の天井から青空が見えた!?

10回目。
セミナーの最終回に発表された夢です。

二つの夢を見ました。
一つ目。
私は水色のエプロンを着けて、洗濯機を廻しています。
窓の外は青空です。
そこへ、かつての職場の婦長さんが来ました。
「まだ廻しているの?」と言われました。
天井を見ると、青空が広がっています。
天井があるので、空は見えないはずなのに。


ついに福島さんの夢の中の家に窓が開きました!

天井からは青空まで見えます。e0184648_1513716.jpg

天井が無くなったのは、
心の制限が取れたという事です。

青空が見えたのは、福島さんの
意識の広がりと高まりを示してくれています。

『洗濯機』はもちろん浄化ですが、                   ザルツブルグ
回転すること、らせんの渦を作ることから、               コネクション

生命エネルギーの高まりも感じさせてくれます。

「かつての職場の婦長さん」については、                  
『看護師』というシンボルで捉えなおしましょう。                
癒しに関わっている守護の人です。

その人が、「まだ廻しているの?」と言っているのです。

「もうそろそろ、歩き出さないの」
と言っているかのようです。
浄化と癒しがひと段落し、
福島さんの可能性が無限に広がっていく様子が、
よく伝わって来ます。


夢が半年をかけて、灰色から明るい空色へと変化しました。


そして、ついに、ハイアーセルフからの問いかけのメッセージを貰いました。
それが次の夢です。 


次へ⇒

[PR]
by yumemiryoku | 2008-12-20 00:00 | 第11話 洗濯機を廻す夢