<   2013年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

鳥居が倒壊した夢

ドリーム・レッスン

鳥居が倒壊した夢


ずいぶん長く更新しませんでした。
夢は夢でも、現実で叶えたい夢に取り組んでいる最中です。

今回は、MIYOさんから、夢を教えていただいたので、
一緒に考えてみましょう。

まずは、その夢です。

LUNAさん、こんにちは。
突然ではありますが、昨日の夢が印象に残っているので投稿しました。

「平伏神社」という名の神社の、
高さが3m超はあろうと思われる白い鳥居がありました。
その鳥居が倒壊しました。

倒壊した残骸のなかに、円錐状の石があって、
なにか模様も刻まれていたのですが、どんな模様かは忘れてしまいましたが、
これを持っておくといいよと言われたような気がしたのでした。

平伏神社をネットで探してみましたが、見つかりませんでした。

巨大な神社の鳥居が倒壊したのですから、びっくりしますよね。
その中から現れたのは模様が刻まれた円錐状の石。
とてもドラマチックな出現です。

神社の円錐状の石といえば、心の御柱(しんのみはしら)をイメージしました。
一番神聖なものです。

さて、夢は何を伝えたいのでしょうか。
夢の中の物は全部自分を表していると考えてみるのが
解釈の第一歩でした。

そうすると神社も鳥居も円錐状の石も全部自分の一側面となります。
神社は聖域ですから、自分の中の聖域です。
鳥居は白くて純粋ですが、ちょっと大き過ぎますね。
それが倒壊して、大切なもの=内なる神が現れました。

この神社の名前が「平伏」ということですから、
これまでは外なる存在を過大評価して神聖化し
平伏していたという印象を受けます。

本当に自分が平伏する相手は、外にあるのではなく、
自分の中の神。
それは願望だったり、
わがままと言われるものだったりするかも知れませんが、
その思いを実現してこそ今世の使命に近づいていけるものです。

外なる存在とは、誰かの意見だったり、
世間はこう言うだろうという思い込みだったり、
占いとかだったりします。

今、あなたはそれに気づきました。

あるいは
もし、気づいていなかったら、
もっと自分の心に素直になりなさい。
自分の思いこそ平伏するにふさわしい神聖なものですよ
と教えてくれているのでしょう。

真実の人生を歩んで行くための力強い教えですね。

いかがでしょうか。
参考になれば幸いです。

るな


★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



[PR]
by yumemiryoku | 2013-04-11 20:44 | ドリーム・レッスン