<   2012年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧


おばあさんが、ゾンビのような姿で現れた夢

Oさんの夢

亡くなったおばあさんが出てきたが、肉体が腐敗し始めて下半身がぼろぼろだった。ゾンビのようだった。見ていて嫌な感じではなかった。
3月には東京まで墓参りに行こうと思った矢先だった。


夢の基本は登場人物はすべて自分ですが、
亡くなった人が出てくる場合は、まず当人が出てきたと考えます。

哀しい姿ですが、夢を見た当人が嫌な感じではなかったという点に注目すると、
何らかのメッセージを伝えたいのだろうと考えられます。
こんな時、どうしたらその意を汲む事が出来るのでしょうか。

思い出したのはハワイの人たちの先祖供養の仕方。
ハワイの人たちは日本人と同様に先祖を大切にする人たちですが、
そのやり方は当然ながら日本人とは形が違います。

普段の食卓で、各自が自分の食べ物の一部をテーブルの中央に先祖の為に分けるそうです。
これを知った時、これが本来の供養の姿ではないかと考えました。
こんな風にナチュラルに日常で先祖と向き合う時間があるのは素晴らしいですね。

Oさんの場合は、どうしたらいいのでしょう。
供養とはなんでしょうか。

「一週間ほど、お仏壇にお参りする時に、特におばあさんに思いをかけたらどうですか。」
と言いながら納得できず、ふと思いついたのは、おばあさんの歴史でした。

おばあさんの没年は分かるはずですが、いつ生まれたのか、どこに生まれ、どんな少女時代を過ごし、どうやって結婚相手と巡り合ったのでしょうか。

「そんな事を調べてみませんか?それがおばあさんと思いを共にすることだし、このやり方が違っていたら、また夢で教えてくれますよ。」
と言ったら、
「それならやってみます。」
と明るい返事が返って来ました。

行動をしようとした時点で思いが通じている事はこれまでの経験でよく分かっています。きっと思いが通じて、おばあさんから新たなメッセージが伝えられることでしょう。


★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



[PR]
by yumemiryoku | 2012-10-31 09:33 | おばあさんがゾンビの姿で出た夢