<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

肥後つばき


肥後つばき
e0184648_15383565.jpg

肥後つばきが花の重さにうつむいて咲いていました。
つばきは食べられると聞いて、くいしんぼの私はさっそく天ぷらに。
小麦粉をつけて揚げるだけですが、
花びらが甘くて、サクサクとしてまるでお菓子を食べているようでした。

二度目は失敗。肥後つばきの花はてんぷらにすると膨張して、
たった一つで鍋いっぱいになってしまいました。

懐かしいな。
今日は写真を撮るだけにしよう。

日本中のみんなの心が痛いまま、それぞれが人生を送っています。
みんなの心が痛いのは、私たちの魂がみんなで一つだと言う事を知っているから。

額縁が変わる夢ももしかしたら、
これから生きていく額縁が変わる事を示していたのかもしれない。
そう思うこの頃です。

今日、肥後つばきの美しさに、ようやく言葉が生れて来ました。

★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



[PR]
by yumemiryoku | 2011-03-28 15:40 | 日々のこと

額縁が変わる夢


青年が出てくる夢を三日間見ました。
二日間は知っている人でしたが、三日目は知らない人でした。
「これは解釈しなくちゃ」と思いましたが、すでに答えは分かっていました。

青年は男性性に属します。行動や社会性のシンボルです。
何か社会的な変化があるかな。
でも、若いと言う点で、変化は小さなものだと解釈しました。

「枠組みが変わるんじゃない?でも、ちょっとだけかな。」と。

すると4日目に夢を見て、額縁が出て来ました。
目の前で額縁が代えられました。
ですから、メッセージは「枠組みが変わる。」という事です。

それからは自分の暮らしの小さな変化のサインに気をつけました。
ようやく1か月以上たって、そのサインが出て来ました。
それは、別のブログ『ひもろぎ逍遥』の内容について、話をしてほしいという依頼でした。

講演の日は二週間後。実質の準備はわずか1週間。
でも、夢のメッセージを無視すると、面白くないので引き受けました。
自分自身の勉強にもいい機会を頂いたと思ったのです。

突然、時間が足りなくなりました。それでこのブログはお休みしていました。
事情を書けばいいのに、書かなかったのは現実化させる力が分散しないようにする為でした。
でも、気づいたら、一か月も休んでた (・.・;)

講演は無事、一昨日終わりました。とても楽しかったです。



★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



[PR]
by yumemiryoku | 2011-03-07 13:16 | ルナの日々の夢