<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

9年周期説で5年目です!

9年周期説で5年目です!

Iさんからメールをいただきました。

昨日の深夜にちらっと、夢見力の方を見ました。
家に「ソウルナビゲーション」の本があるにもかかわらず、解りやすくて計算してみましたよ。
で、来年は5年目の年で基礎が終わってチャンスの年らしく、楽しみなんですが、あることに気付きました。夢を初めて見た年がちょうど1年目にあたってるじゃありませんか。とゆうことは、来年はなんか飛躍出来そうな気がしますよね。まぁきちんと基礎を築けていたらの話ですけど・・
しかし久々に「ソウルナビゲーション」凄いですね…家にあるのに忘れてました。
今日は初雪・ですね、暖かいなぁと思ってたら、とたんに寒いので、体調管理が大変です。

Iさんはこの「ソウルナビゲーション」の本を手に入れて、子供さんたちの魂の課題や目的など、大きな視点を手に入れました。
今回改めて9年周期で調べたら、夢を見始めた年だったんですね。そうか。やはり、この九年間はIさんには夢が大切なテーマなんだ。

この年末にきて、バタバタやゴタゴタしてる私…るなさんのブログを見て、「ソウルナビゲーション」を読んでみなさいとゆう事かなと思いました。それだけで、気持ちの在り方が変わってくるような気がします…変なかんじですが、気持ちに余裕ができるんですね…これまた不思議ですね。ありがとうございました。

そうそう、そうなんです、気持ちに余裕が出来るんですよね。
何か問題が起こっても、「ま、これが課題なんだから。そう、簡単には変わらない。」と、開き直ったりもして、ちょっぴり安心するんです。こんな事じゃ、叱られそうだけど、数十年単位で学びとる事なので、焦っても仕方なく、自分を責めずに課題に取り組めるんです。

この手の本は、一時期は夢中になるけど、いつの間にか忘れてしまいます。そして、何かの拍子にふと手にすると、ああそうだった、と教えてくれる本です。
魂の課題に気づいて自分が変わるまで、同じトラブルを繰り返しながらも、「少しずつ自分を客観的に見る事が出来るようになったね。」と、ちょっぴり成長したことにも気づかされます。
そこが、Iさんが「気持ちの在り方が変わってくる」「余裕ができる」という不思議な感じになるんです。
同じです、私も。




★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



[PR]
by yumemiryoku | 2010-12-29 14:50 | 魂の目的・ソウル・ナビ

来年は何をしたらいい?9年周期説(2)

前回は誕生数を全部足す事によって自分の人生の課題を知る方法を紹介しました。
今日は、人生の流れの中に9年の周期があるお話です。

大まかな考え方は、畑で作物を育てるのに似ています。
畑を耕して、種を蒔き、不要なものは間引きします。
そして、追肥をしながら大きく育て、花を咲かせて実りを収穫する。
季節に春夏秋冬があるように、人生にも冬があり、春無しには夏にはならないという事です。
冬の間に準備をする事があります。
春になると、新たな一歩踏み出さないと、秋に収穫する物がありません。

私もこの9年周期を自分で実際に計算して、これまでの人生の流れを検証した事があります。すると本当に9年ごとに自分の興味や精神的な環境が変化していました。

この周期の何年目に居るのかを知ると、9年目の一番何も変化なく、太陽の光にも恵まれない冬の過ごし方こそ、秋の実りの質を左右する事が分かります。

3年目だったりすると、2年前にどんな事が始まったのかを見直すと、これから何に集中したらいいのかが見えて来ます。


それでは、具体的な計算法を。

先ほどの1999年12月31日生れの人。
来年は2011年ですから、生まれ年の代わりに来年の2011を入れるだけです。
2011+1+2+3+1=11
1+1=2
答え二年目に入っている。
だから、2010年に興味を持った事、大変だった事を見直して、これからの8年間のテーマは何かを探る。

という事です。
ではダン・ミルマン氏の本の一部を抜粋します。

1年 創造、つまり種蒔きと新生の年です。自分を信頼して新たなものごとに取り組む年です。この年は種蒔きと計画の時期、つまり地図を作成して今後の行先を決定する時期です。

2年 第二年を迎えた種は周囲の助けを必要とします。太陽や土や水です。何らかの形で他の人と協力し、自分の限界を見い出し、周囲との関係の中で新しい仕事や活動を決定する年です。

3年 種子は地面を突き破って日光のもとに出て来ます。まだ弱々しいながらも新しい活動が形を取り始めるのです。時に感情が過敏になり、「私に出来るだろうか?」と疑いが生じます。

4年 若い茎は次第に太くたくましくなり、地中深く根を下ろします。これまでのことを再検討し、反省して、再構築する時です。

5年 これまでの4年で基礎を作り上げて来たなら、今がチャンスです。

6年 与える年です。果実を収穫して、分かち合います。

7年 収穫を感謝する時です。今までを振り返って内省する時期です。

8年 これまで努力を続けた人は報酬を受け取る時期です。そうして、変革に向かう風が吹き始めます。

9年 完結の年、解放の年。ひとつの周期の終了と新たな周期の始まりを知る年です。


さあ、来年は周期のどの時点にいるのか。
2011+生まれ月+生れ日=?


一覧表を作って、生れた年から見直すと面白かったです。
長生きしている人は大変でしょうが、感動はひとしおです。

参考文献 
「魂の目的―ソウルナビゲーション」
あなたは何をするために生れてきたのか
ダン・ミルマン著 徳間書店
(サイドバーに表示してます。)


★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



[PR]
by yumemiryoku | 2010-12-14 17:34 | 魂の目的・ソウル・ナビ


来年は何の年?9年周期説
「魂の目的―ソウルナビゲーション」で調べる。


ダン・ミルマン著の「魂の目的―ソウルナビゲーション」をよく見ていました。
久し振りにこの本を開いて見たら、やっぱりいい本だなと思いました。

これは誕生日を足し算して、この人生の目的を調べる本です。
初版は2001年。もう10年前の本なんですが、一生ものです。
占いとは違って、今世で学ぶテーマが書いてあります。
それがよく当たっているのです。目次をざっと書くと、

第一部運命システム
第二部数字が示す人生の課題をエネルギー
第三部誕生数が明かす運命の道
第四部人生を変える法則
第五部知恵の実践

吉とか凶とかいう占いに飽きた人にお勧めです。
一見不幸に見える出来事も、すべてが愛を学ぶため、あるいは自分の中の神性に立ち戻るためと気づいた人はこの本に十分満足すると思いますよ。
自分を理解するのはもちろんですが、理解出来ない夫や妻、子供の性格、あるいは上司や部下、それらの人たちがすべて、自分とは違うテーマで生れて来ているんだと納得でき、批判から応援へと自分の心を変えてくれる魔法の数秘術です。

自分の数字を調べる計算の仕方は簡単です。整数を足すだけです。
例えば1999年12月31日に生れた人。
1+9+9+9+1+2+3+1=35
3+5=8
〔35/8〕がこの人の数字です。

これを説明するページを開くと、
「35/8の人生の目的は、率直な感情表現、独立、そして力に関する課題を克服し、訓練と奥深い経験を通して、豊かさ、権威、そして自由を手に入れることです。しかし運命の道に挑戦はつきものです。35/8は、富、力、名声に対する欲求と、恐れという両極端の鋭い欲求に引き裂かれます。この内面の葛藤は、消極性と攻撃性となって現れます。受け身でおとなしいかと思うと、押しつけがましく…」
といった所です。

これを見ると、パートナーの態度がコロコロ違って戸惑っていた人も、なるほどと相手を理解出来るようになりますね。

35/8の人は人生の中で3(表現力と感性)を身につけ、自己表現が出来るようになると、5(自由と訓練)の学びに移行して行きます。その頃には、はたから見ると自由にやってるのに、本人は「自由が欲しい、自由が欲しい。」と言ってます。
そうして、自由とは自分の心の中にあると気づくと、8(豊かさと力)の学びに移行して行きます。権力やお金の学びがやってくるのです。権力や支配を求めて戦いが始まります。その苦しみの中から成功とは権力の頂点に立つ事ではないと気づくと、心豊かな楽しみの多い人生を手に入れます。しかし、気づかないと一生、支配権争いの中で攻撃したり、自虐的になったりします。

自分が53/8だったら、何を学んだらいいのかが分かるし、パートナーがこの数字だったら、その富や権力を世の為に仕えるような情報を常に廻りにころがしておいたりします。時期が来れば、本人はその情報に気づきます。しかし、それまでは、のたうちまわらないと仕方がないのです。

この学びは本人にしか出来ません。そばにいるあなたは何も出来ません。しかし、その学びの仕組みを知ると、権力について傷つきながらも学ばせようとするパートナーの魂に敬意を持つようになります。この時、自分は愛の状態にいる事になります。理解は愛の一部です。

ざっとこんな所かな。とりあえず、基本数の意味を写しますね。

1 創造と自信
2 協力とバランス
3 表現力と感性
4 安定とプロセス
5 自由と訓練
6 理想と受容
7 信頼と解放
8 豊かさと力
9 高潔さと知恵
0 霊的素質

                         (つづく)



★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



[PR]
by yumemiryoku | 2010-12-10 13:38 | 魂の目的・ソウル・ナビ

コウモリの夢


Gさんの夢
封鎖していた二階の窓が開いて、コウモリが飛び込んできた。
自分の顔を目掛けて飛んで来たので、びっくりした。

「るなさん、ちょうど良かった。昨日夢を見たんです。」
「え?昨日?どんな?」
「僕が二階に上がると、封鎖していた窓が何故か開いていて、黒いコウモリが僕の方に飛んで来たんです。これっていい夢ですかね。悪い夢ですかね。」
「夢に良い悪いってないと思うけど、コウモリねえ。どんなイメージ持ってる?」
「う~ん。」
「黒は未知なるもので、鳥は精神的な分野の事よ。二階というのも同じ。」
「そうか、悪い夢ではないんですね。」
「もちろんよ。」
「そう言えば、そのコウモリは親しげな感じで、僕のほっぺたをかすめた。」
「そう、やっぱり悪いものじゃなかったのね。それより、まだ自覚していない事があって、気がついてほしいから、びっくりさせただけ。今日話し合ったから、変化して来ると思いますよ。」
「そうですか。よかった。」
「人間は肉体だけでなく、魂の存在だという事。その分野に注目してたら変化に気づくと思う。」

…未知なるもの
コウモリ…鳥。精神的な分野で、まだ良く分かってない部分。
二階…精神的な分野。
…意識の状態。気づき。

封鎖していた窓が開いた」という事がこの夢の中で一番のポイントだと思います。
それは自分自身で見ないようにしていた気づきの分野を暗示するからです。心の解放につながる夢です。そういう意味では良い夢ですね。


★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



[PR]
by yumemiryoku | 2010-12-06 16:57 | コウモリの夢



るなの夢
土鍋が二つ、大きいのと小さいのが二つ並んでいる。
どちらも湯気を立てて、あと少しで出来上がりそう。
コンロから離れないで、最後の大事な火加減を見なくちゃ。


やっと「夢見力」解禁です。
この夏は特に二つの文章に取り掛かっていた為に、
同じジャンルのこのブログの文章を書くのをやめていました。
(頭が混乱しそうでしたから。)

誰にも強制された物ではないので、自分で締め切りを作りました。
締切は11月30日です。
ですから、新月の願いの時には、11月20日に出来上がるように、作文しました。
すると、11月18日、19日と、次々に完成。
その夜に見たのがこの夢です。

…今、自分が取り組んでいるもの。作っているもの。
鍋の状態がその取り組んでいる物の状態を暗示する。

ですから、すぐにメッセージの意味が分かりました。

鍋の大きさが大小あって、どちらを指すのかは分からないのですが、
「湯気が立ち始めたから、コンロの前を離れられない」と夢の中で思ったので、
目が覚めて、「ああ、ここで気を抜いちゃいけないんだ」と、
もう一度、気を引き締めました。
推敲や、校正など、確かに残りの作業が残っていました。
そして、締め切りの前の日に、どちらも出来上がりましたよ!

一つは自分の為に。もう一つは人の為でした。
大変だったけど、とてもいい経験をしました。
今、すがすがしさでいっぱいです。

という事で、これからまた、ぼちぼちと、UPして行きます。


★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



[PR]
by yumemiryoku | 2010-12-01 18:50 | ルナの日々の夢