<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

青い目をした若者の夢



『古事記』を読むと、古代に天皇が何人も九州にやって来ては
まつろわぬ者と戦っています。

(勝ったとしても、征服して統治するには、都から遠すぎるのになあ。
いったい、何を求めて戦うんだろうか。)

そんな事を考えていて、
「ああ、金属の利権を確認するためだ」と思い当りました。
「鉄や銅を求めての戦いなんだ」と。
でも、これを証明するには、途方もない研究が要る…。

そう思っていたら、『ひもろぎ逍遥』のコメントで、
マリリントリさんが谷川健一氏の『青銅の神の足跡』『鍛冶屋の母』を教えてくれました。
それを読むとヤマトタケルの東征ルートには鉱山がある事が
すでに証明されていました。
ああ、やっぱりそうなんだ。

その夜の夢が、これです。

青い目の青年の顔が出てくる。髪は剛毛で、ラフな感じ。
そのそばにもう一人の青年がいる。彼をサポートする人か。

その後で古地図を見せられる。日本の東半分だ。
「ヤマトタケルの東征のルートだ。やっぱり金属だ。」と思う。


e0184648_23585962.jpg

イラストに書いている「青人草」とは古語で、
「青い草のように旺盛な生命力のある人々をさす言葉」と言われていますが、
眞鍋大覚氏によると「青い目の方」という意味だそうです。
クサとは敬称です。

ヤマトタケルは目が青かったのかな。
それで、父天皇から疎まれたのかなと、思いました。
どうせ、夢です。歴史的事実とは全く関係ないですョ。

見知らぬ青年の顔を夢に見るのは珍しいので、描いてみました。
描くとかなり違う顔になってしまいますが、これで忘れる事はありません。
ちなみに、右下は自分のつもりですが、全く似ていませんよ。
夢ですから。ふふふ。好き勝手に描いてます。

前回「八剣神社」のデジャヴを書いたので、
しばらくは自分の夢を書かなくてもいいかな、と思ったのですが、
昨日友達と会って、またもやヤマトタケルの話が出て来たので、
(今度はこれか…。ハイ書きます)と思いながら書いています。
八剣神社は彼が熊襲に往復する途中に滞在した所だったのです。

ヤマトタケルは熊襲タケルをだまし討ちにしてるんですね。
現代語訳しながら、結構気分が悪かったです。
彼は最期には伊吹の神をあなどったために、病気で死んでしまいます。
実際には、伊吹には鉱山があるので、水銀の毒で水俣病にかかって
亡くなったんだろうと思っています。

今年から小学校の教科書にヤマトタケルが載るそうです。
「歴史事実ではなく、神話として教えないといけない」
とマスコミが書きたてていました。
でも、そう言う人たちは、自分で調べたのかな。
「ヤマトタケルは実在しない、ただの神話だ」と公言するには、
日本中に残る彼の伝承を全部否定出来てからでないと、それこそ非科学的です。

まずは、『古事記』を読みましょう。
そして、伝承の地を訪ね、耳を傾けましょう。
そこに立てば、新しい風景が見えて来ます。

ちなみに「ヤマトタケル」は「日本男児」程度の普通名詞です。
『古事記』に出てくる彼の名は小碓(おうす)の命といいます。



[PR]
by yumemiryoku | 2010-06-29 00:04 | ルナの日々の夢

初めて訪れた福岡県の八剣神社の、階段を上り始めたとき、
「あれ、ここ初めてじゃない。」
と思いました。
石段の両脇には提灯を灯すための棚がずらりとあります。
かつて、別の神社で元旦の0時を待って行った、
夜中の参拝を思い出しました。
「この感じ、なんだか覚えてる。」

そして、次の古い鳥居を過ぎて、境内に出てびっくり。
境内には沢山の灯篭や狛犬がありました。
石ごけがついて、いかにも古い感じです。
「ああ、やっぱり知ってる。」
そう、またデジャヴです。夢で見たのをはっきりと思い出しました。

e0184648_14203364.jpg


この感じ。
夢のストーリーを思い起こすと、
石灯籠のいっぱいある、古いお宮をに行って、
それからその右の方に出て、どこかに向かって歩いていく夢でした。
数年前の夢です。

思い返すと、現実の八剣神社そのものではありませんが、
夢の持つ特有の匂いとでもいうのでしょうか。
それが、この神社を暗示していました。

そして、「これを出しなさい」という内なる響き。
この印象がいつまでも消えません。

現実では、『ひもろぎ逍遥』で、八剣神社を書いたあと、
ようやく宗像神社と三女神の移動ルートをたどるつもりでした。
ところが、今度は「古物神社」という内なる響きに促されて、
急きょ行って見ました。
もう夕方でした。

古物神社は里山の、いかにも氏神様らしいたたずまいでした。
しかし、神社誌をひも解くと、古代の日本を知るのに大事なお宮だと
分かって来ました。
そして、ここに祀ってある十握剣から宗像三女神が生まれたのを知った時、
ああ、この順番でないと、行けないんだと納得しました。

結局夢の通りに八剣神社を書いて、古物神社を書く事になりました。
それから、宗像三女神です。

さて、この神社の歴史的な重要性を、どこまで筆で表せるのかなあ。

そして、この記事の投稿で、「出しなさい」という声は消えるのでしょうか。

[PR]
by yumemiryoku | 2010-06-26 14:23 | デジャヴ

使っている本はこれ

ルナが使っている夢の解釈本の質問があったので、もう一度紹介します。

ドリーム・ブック』夢辞典 ベティ・ベサーズ
中央アート出版社 1800円

です。
これは改訂版で、旧版の『ドリーム・ブックー夢のシンボル辞典』より、
かなり収録数が増えています。
内容も変化しているので、旧版を持っている人でも、
買い替えの価値はあります。

夢の基本は今の自分の事を教えている。
登場人物は自分自身である。

という考え方も、ルナと同じで、さらに深いアドバイスが得られます。

夢を通して成長しようとする方にお勧めの一番の本です。

この本があまりにも素晴らしいので、
中央アート社にお礼の手紙を出したら、
直接、吉開狭手臣社長から電話を頂いた事があります。
とても感激でした。
あいにくベティ・ベサーズさんは亡くなったそうです。
それでも、これは魂の成長を願う人たちのバイブルとして
永遠の存在だと思います。

この本に出会うまでは、秋山とし子さんの
『ユング心理学へのいざない』を利用していました。
これは、心理学の基本を押さえるのに、大変分かりやすい入門の本です。
これにも、シンボルが沢山載っていて、ずいぶん参考にしました。
何年も使いましたが、ついに解釈に行き詰まった時に、
『夢のシンボル・ブック』に出会って、
夢が飛躍的に分かるようになりました。

表紙の写真はサイドバーで見てください。
一冊だけ手に入れるなら、『ドリーム・ブック』ですョ。
[PR]
by yumemiryoku | 2010-06-20 00:51 | 使っている本はこれ

宮地嶽神社と不思議な夢


≪一つ目の夢≫

ずいぶん昔の事です。
宮地嶽神社にお参りしたあと、夢を見ました。

それは宮地の浜から神社までの長い参道を、
大勢の海の精霊たちが上陸して、神社に向かう風景でした。
ワカメをつけたもの、貝殻を付けた者、
魚やタコやら海の精霊たちが、
びっしりと参道を埋めつくしていました。


ああ、今日はお祭なんだ。
ここは海の神様なんだと夢の中で思いました。

その参道がこの写真です。
水平線と松林が一の鳥居がある所です。
夢では、参道の斜め上空から見ました。

e0184648_11361929.jpg


それは水木しげるが描くような光景でした。
妖怪と言ってもいいのでしょうが、
私は海の精霊と呼んでいます。

それから、数十年たって、
今、『ひもろぎ逍遥』で、宮地嶽神社について書いています。
夢の件があったので、宮地嶽神社(3)で、
宮地浜から神社までの写真をブログに出しました。
その日、入口からずっと菖蒲の花に迎えられたので、
とても嬉しかったです。

≪二つ目の夢≫

続けて古墳について書こうと調べていると、再び夢を見ました。

夢の中で島が現れました。
それから、東の方へスクロールして、丘陵地帯が見えて、
全風景を見せられました。

目が覚めて、
「少し形は違うけど、宮地山から東の方丘陵地帯の映像を
みせられたんだ。」と思いました。

それが、この写真です。

e0184648_11372353.jpg

夢の場合、そのものの映像というより、
やはり象徴的な形に変化しています。
永年、自分の夢の癖を観察して、それが分かりました。

そして不思議な事に、この夢を見た日、
古墳について、よく知っている人から、話を聞く事となりました。
それは、夢で見せられた丘陵地帯が舞台でした。


≪三つ目の夢≫

それで、今、聞いた話を下書きしているのですが、
今朝の夢で、再びその丘陵地帯が現れました。
そして古墳の所が長方形に光りました。


聞いた事を書きなさいというサインです。
ちょっびり勇気が要る内容です。

≪不思議≫
先日、写真を撮りに行った日、
20代の女性が特別参拝を済ませたあと、
神官さんと話をしていました。
「どうでしたか?」
「お参りをしている間、左の方に光が現れて…。」
という会話が聞こえて来ました。

それで、遠慮して、出直す事にしました。
そうしたら、偶然にも参加した歴史ツアーで、
直接石室に入って、神官さんから話を伺うチャンスが来ました。
それが、宮地嶽神社(5)です。

夢やシンクロニシティーが応援しているようで、
『ひもろぎ逍遥』の方も頑張って書こうと思っています。


次へ⇒ 

[PR]
by yumemiryoku | 2010-06-10 11:44 | ルナの日々の夢

夢に聞いてみました。
Q:A社の化粧品を使ったらどうなりますか?

化粧品を友達に勧められました。確かに彼女の肌はきれい。
洗顔1個5000円。ベース5000円。その他合せると2万円。

とりあえず、お付き合いで一つ買ったんだけど。
夢に聞いてみました。

≪夢≫
私鉄電車の駅に行った。
五本のホームがあって、電車が五本とも並んでいる。
私は中央の電車に乗り込む。これが一番速い

≪キーワード≫
駅  …変わり目
5   … 変化。
電車 …社会に関わる自分自身

≪解釈≫
分かりやすい夢ですよね。
電車はもちろん自分の事。大きい乗り物ほど、社会性が強くなります。
5は何度も出て来ました。変化です。
今乗ろうとする電車が一番先に出発するという事です。

答えは

いくつもの化粧品の中でこの化粧品が一番速い。
つまり、選んだ化粧品は一番効果があるってことですね。
買ってよかった。


次へ⇒ 


これはずうっと昔の話ですョ。

久し振りに、きれいな色のスキンを見つけました。
桜って季節がちがうけど、しばらく使ってみよう。
四角の枠がないので少し、分かりにくくなりましたが。

しばらく忙しかったので、他を優先にしていました。
こんなきれいな色の中で遊べるんで、
また、ペースが出せそうです。
[PR]
by yumemiryoku | 2010-06-06 22:50 | 夢に質問したら

昨日は突然の鳩山氏の退陣劇がありましたね。
その夜中村さんから電話がかかりました。

中村「今朝、夢を見たの。」

≪夢≫
男の俳優さんが二人出て来て、A4判ほどの大きな封筒をくれた。
開けると、「7」とはっきり書いてあった。

中村「本では一応調べたんだけど。
   俳優さんは有名人。は7つの周期の終わり。
   それで、今日の鳩山さんと小沢さんの退陣の知らせの夢だったのかと思ったんだけど。
   前も、オウム事件の時にも、暗示する夢を見たの。」

るな「そうね。予知夢を見たと解釈するのは、あなたの自由なんだけど、
   だからって、自分には何の関係もないでしょ。
   それよりも、夢は自分自身の事を教えてるって考える方が、
   ずっと建設的よ。」

中村「なるほどね。」

るな「男の人が二人というのは、ハイアーセルフの事で、
   特に女性の夢には複数の男性として出てくるのが特徴。
   俳優さんというのは、タレント。タレントって才能の事。
   それが社会に向けられたもの。

   「7」は確かに、チャクラとか、一週間とか、何らかの周期で、
   終わりの数よね。そして、神秘を表している。

    この夢は明らかにあなたのハイアーセルフが、
    あなた自身の事について、考えなさいってメッセージよ。
    「7」が何を暗示するのか分からないなら、
    とりあえず、これまでの人生を振り返って、
    7つのポイントを抜き出してみれば?
    それで、夢に「7」とはこの事ですか?って今夜聞くのよ。」

中村 「そう、分かった。そうしてみる。」

るな 「人生も、そろそろ仕上げの時期に来ているんだから、
    テーマを整理して、その中で社会的に公表する事があるんだと、
    思うんだけど。絵が好きなんだから、絵を描いたら?」

中村「二年前に絵画教室をやめてから、遠ざかっていたけど。
    描きたい気持ちはあるわ。」

るな「そう、あなたはUFOをよく見るんだから、
   その絵を描いて下さいって、言ったの覚えてる?」
中村「え?そんな事言った?」

るな「そう。UFOを見る人たちが、あなたの絵を見て、
   同じものを見ているって、安心する人はいると思うけど。」
中村「そうね。」

昨夜はそんな話をしました。
が、2年前も同じ話をしたのです。
全く覚えていないという事なので、彼女が絵を描くかどうかは分かりません。

それにしても、最近はまた、UFOの話がよく入って来ます。
みなさんの周りではどうですか?

次へ⇒ 

[PR]
by yumemiryoku | 2010-06-03 10:41 | 二人の俳優から「7」を貰った夢