<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

デジャヴが起こったよ

今、『ひもろぎ逍遥』で馬見神社について、
出している所ですが、
この神社での事です。

馬見神社の参道を登って行くと,中腹あたりで祠に突き当たります。
そこで、「あれ、ここ来た事がある」と思いました。

そこから直角に折れてさらに上っていくのすが、
下るとき、再びそこに来て、「あ、夢で見た」と思いました。
写真のように、丸い飛び石が特徴的なのです。
夢の中では、下っていました。
久しぶりのデジャヴでしたよ。

e0184648_15534419.jpg


この神社は初めてです。
『ひもろぎ逍遥』の馬見神社にたくさん写真を出していますが、
本当に気持のいい所でした。

神社の写真って、日が経つとどこの神社か分からなくなるので、
その日のうちに名前を付けて保存するようにしています。

夢の方も、神社の鳥居じゃ分からない「」って知ってるので、
丸い飛び石なんて、珍しいものを見せてくれたんですね。

普通、神社の夢を見た時、そっくりさんを見る事はありません。
何か特徴的なものがシンボル化して、出て来ます。

「○○町の信号を左に行った所に姫宮があった。」
という夢を見たとします。
そこで、神社に詳しい友達に電話をすると、
「ああ、そこにありますよ。」
と教えてくれます。

でも、実際に行ってみると、夢の中の神社とは微妙に違うのです。
こんな事が続いてから、夢に出てくる神社って、
現実そのものではなくて、霊的な場所の神社なんだって、思うようになりました。
三次元にかさなりあった別次元の神社です。

ただ、今回の馬見神社は、デジャヴそのものでしたから、
夢の中で遊びに行ったんでしょうね。
今日は馬見神社(3)をUPしましたが、
なんだか、予想外に大切な所みたいで、驚いています。


次へ⇒ 

[PR]
by yumemiryoku | 2010-03-27 15:56 | デジャヴ


夢日記帳は今まで、二センチぐらいの厚さの大学ノートを使っていましたが、
シンボルで検索出来たらいいなあと思って、
ネットでフリーソフトを捜してみました。

すると、皆さんの推薦するソフトがすぐに見つかりました。
どんなのか分からないから、
名前だけを頼りに選んで、ダウンロードしたら、
セキュリティーに引っ掛かって、
ダウンロード出来ませんでした。
(これをダウンロードすると、パソコンを破壊します。
なんて警告が出て、ビビりましたョ。)

それでも、パソコンで日記が書けたらなあと思っていたら、
本屋さんに置いてあったソフトを思い出しました。
ずいぶん前の事だから残ってるかなと心配でしたが、
ちゃんとあったので、思い切って購入しました。

タイトルが「ずばり日記帳」です。
ソースネクストという所ので、1980円でした。

e0184648_14585866.jpg


使い始めて一週間ぐらいになります。
けっこう、いい感じです。
なにより、一か月分のタイトルがサイドバーにズラリと並ぶので、
どんなシリーズの夢を見てるのかが、一目瞭然になりました。

夢の部分を四角で囲みたいけど、そんな機能は付いてませんでしたが、
代わりに、夢の部分だけ文字の色をブルーにしてしまえば、OK。
キーワードもピンクに変えれば、後で検索しやすいです。
肝心の検索モードは、まだ使ってません。

画像が取り込めるので、イラストを挿入できます。
まだまだ使いこなしていないけど、楽しいです。

面倒くさいのは、開く時、必ずパスワードを入れる事。
長いのにしたので、「1234」でもよかったなと後悔してます。
どうしたら、変更出来るんだろ。

一つのソフトで、何人も使えるので、
日記帳だけでなく、別の使い方も出来るなと思いました。

例えば、今、解読が大変な『儺の国の星』という本。
これは自分で検索を作りながら読んでいるので、
このソフトを使えば、探しやすいかなと思ってます。
[PR]
by yumemiryoku | 2010-03-26 15:03 | パソコン日記帳

マナは21歳。大学生。
夢をよく覚えてたんですって。

マナ 幼稚園の頃には、風とか花とか光とか、そんなものを妖精に仕立てていたの。
    そしたら、小学生の頃には、それが実在するかのようになっていた。

    でも、お祖父ちゃんが亡くなった後、
    ある日、お祖母ちゃんと寝ていたら、黒い影が立っていて、
    「お祖父ちゃんだ」と思ってまた寝たけれど、
    あとから、それが怖くなって、
    「見えなくなる。見えなくなる」と念じたら、
    妖精まで見えなくなってしまったの。

大学生になって、現実界の学びをしているマナはちょっぴりさみしそう。

その時、ユーミンの歌が、ルナの頭の中に響いてきました。

 ♪小さい頃は神さまがいて、不思議に夢を叶えてくれた♪

マナ 夢の中で、自分の意識があるって、良い事なんですか。
ルナ それって、明晰夢っていって、良い事よ。

マナ 夢の中で、エジプトのピラミッドの中にいたら、
    壁画がずんずんと足音を立てて迫ってくるので、逃げたら、
    自分の家の屋根の上に出たの。
    それで、「怖ーい、目を覚まそう」って、目をつむって、
    「目が覚める、目が覚める」って言えば、ふつうは目が覚めるのに、
    その日は目が覚めなくて、また、ピラミッドの中に戻ってた。
    もういちど、逃げたら、家の畑の道に出て、
    もう一度「目が覚める」ってやったら、やっと目が覚めたの。

    その頃は想像力があふれて来て、詩や小説を書いていたけど、
    今は夢もあまり覚えてない。

こうして私たちは持ってる力を忘れていくんだね。
でも、ユーミンの歌の続き

   ♪大人になっても奇跡は起こるよ。
    カーテンを開いて、小さな木漏れ日の
    優しさに包まれたなら
    きっと目に映るすべてのものは
    メッセージ♪


これってほんとだよ。



次へ⇒ 

[PR]
by yumemiryoku | 2010-03-23 01:14 | 子供の頃は妖精と遊んだよ

薔薇ばらミニボタン

e0184648_2052893.jpg
e0184648_2061237.jpg
e0184648_2054858.jpg




e0184648_2095395.jpge0184648_20101237.jpg
e0184648_20104091.jpg




e0184648_20133379.jpge0184648_20122423.jpg
e0184648_2014041.jpg



薔薇の写真を加工して、またまた ボタンを作ってしまった。

今回、ボタンを横に並べる方法を新発見。
左、右、中央の順でアップロードすると、
一列に並んだ!
これで、ずいぶん見易くなっちゃった。
文章で頭が疲れると、こうして遊び始めてしまうよ。

[PR]
by yumemiryoku | 2010-03-15 20:26 | お持ち帰り素材集

男性 50代 畑江さん。

友人の会社の事務所にいた。
部屋の隅っこが池になっていて、そこで釣りをする。
すると、魚が二匹とイカが釣れた。
続けて、警察の帽子と電話機が釣れた。
帽子は電話機にすっぽりとかぶさっている。


≪シンボルしらべ≫
友人…  自分の側面。シャドウとも言う。
      自分とは違う人生を歩いている、分身的なもの。
      その人に対するイメージを考えよう。
      嫌いな人なら、その嫌な部分が自分にあるのを教えてくれる。
      好きな人なら、その長所が自分にある。
会社…  社会との接点
…   水は無意識の世界。自分の感情の状態を反映する。
釣り…  瞑想。自分の心の奥深くを探求する事。
…   瞑想をしなさい。
警察…  ハイアーセルフ。助けてくれる人。
帽子…  役割。
電話…  ハイアーセルフとの、連絡。

≪解釈≫
社会との関わりが狭くなって、その打開を求めているようです。
基礎を示す床の一部に穴を開けて、無意識の世界との交流を求めています。
その結果、釣れたので、いい方向に向かっています。

外への拡大を求めるのに、逆のようですが、
自分の内奥を見つめる瞑想を夢は勧めています。
そうして、ハイアーセルフとのつながりを大きくすることで、打開されるようです。

自分の奥深くに入っていくこと。

魚が大きければ大きいほど、瞑想の必要性があります。
ここでは、普通の魚が釣れた後、警察の帽子やら、電話が釣れてでびっくり。
これなら、夢を忘れませんねえ。

警察も電話も、ハイアーセルフの助けを象徴しています。
電話に帽子がかぶさっているので、まだ、使えません。
あと一息だよ。

友達が夢に出て来たら。
友達も自分自身です。
その人に対するイメージを連想すると、夢が何を教えてくれるのか、見えて来ます。
誰でも、欠点があるけれど、夢は直接そうだとは言いません。
友達の姿をとって、そっと教えてくれます。


e0184648_1033924.jpg


今朝の庭のお花を活けました。
つつじとスノードロップ。それにカイドウのつぼみ。
つつじはもうすぐ満開です。



次へ⇒ 

[PR]
by yumemiryoku | 2010-03-15 10:38 | 警察の帽子と電話が釣れた夢


中村さんの夢 60代 女性  

「ねえ、こんな夢を見たの。どういう意味かしら。聞いてくれる?」
と中村さんが話してくれました。

眼鏡のつるが壊れて、買い換えようと思った。

さあ、たったこれだけですが、調べてみましょう。

≪シンボル調べ≫
メガネ…物事をはっきりと見ているかどうかを教えてくれる。
     物事を見る枠組み。
壊れる…変化が起こる。あるいは、その変化に気づいていない。

≪解釈≫
なにげない夢ですが、印象的で覚えていたのですね。
解釈してみましょう。

メガネとは物事を見る枠組みの事です。
つるはそれを支えるもの。
それが壊れたというのですから、物の見方の枠組みを変えるような、
何らかの変化があるという意味になります。

壊れるというシンボルを使っているので、
本人はその変化に気が付いていないというニュアンスがあります。

中村 じゃあ、もう一つ見たからこれも聞いてくれる?

引っ越しをしたら、その家に細木数子さんがいる。
部屋は雑然としている。
人が彼女にパソコンを渡していた。
彼女はビニール袋に入った20個ほどの電球を周りの人に渡している。
そして、中村さんにはその辺にあった、つまらない菓子をくれた。

≪シンボル調べ≫
引っ越し…内面や状況の変化。
細木数子…自分自身の側面を示す。
      尋ねると、中村さんは、細木さんには余り好感をもっていないという。
      占いで、成功しているひと。
部屋…  自分自身の側面。
      散かっているのは、自分抱える諸問題を整理せずに
      ほったらかしにしている事を示す。
パソコン…情報。入力して、何かを作ったり操作するもの。
      何かとは、自分の人生の事。
電球…  閃き。アイデア。エネルギー。
…   解放していない。閉じ込めるもの。

≪解釈≫
全体的には、何か、ピシッとしていない、雑然とした印象を受けます。
さっきのメガネの夢と同じシリーズのようです。

引っ越しをする事も、メガネのつるが壊れるのも、
本人の内面やものの見方、生活の状況の変化があるという事を暗示しています。

変化したものは鑑定士という、本人には興味のある職業だけど、
好きではない姿をしています。
雑然とした部屋と言うのがさらにそれを印象強くしています。

これは本人自身が好ましくない状況にいる事を示しています。

ビニール袋に入れた電球は彼女の光のもとです。光源。
それを20個も持っているのに、袋に入れたまま人に渡しています。
本来なら、袋から出して、電球一つ一つを輝かせて、
その光を人に渡すべきものなのです。

夢は、自分の能力に蓋をしてしまっていて、
周りの人に与えるべきものを与えていないよ、
と教えてくれています。
それを、つまらないお菓子の形で教えています。

解釈した後、中村さんが、
「あなたに渡したい物があるけど、いつになるかわからないわ。
郵便局に持って行けばいいだけなのに。」
と言いました。

う~ん。この言葉、象徴的だな。これが答えだね。

どうやら、彼女は、放っていた雑用をさっさと処理して、
自分本来のテーマに取り掛かるように促されていますね。

雑用は無限にあります。
が、さっさと片付けて、自分の成長のための時間を作らなくてはなりません。


どうしてこんなに忙しいの?と思うあなたへ。

深層心理を見ると、逆の現象が見えて来ます。
自分のテーマに取り組むのが怖いので、雑用を作っているのです。

こんな事、初めて聞く人も多いかもしれませんね。
「そんな事ない。私はしたい事があるのに、雑用ばかりで何も出来ない。」

こうしているうちに、エネルギーが細って行って、
無力感の中で生きていかねばなりません。
そうすると、したい事も出来ない、雑用もたまって来るという現象が襲って来ます。

一番大切なのは、その恐れに直面することなのです。
それが恐れを手放すという事です。
内側から求める事に手を付けましょう。
並行して、準備をしていきましょう。
そうすると、雑用はだんだん減って行きます。不思議とね。

どうしようもない状況を打破する順番は
自分の中の恐れへ直面する事からなのです。

ところが、本当にしたい事に直面する事が結構、怖いのです。
誰でもそうです。
が、いつまでも、逃げ続けることは出来ません。

  * * *

ルナも先週、キルトギャラリーのスキンが壊れるという現象が起こりました。
打つ手だてが尽きたので、新たに構築しなおし始めたら、
助っ人が現れて、壊れたスキンの直し方を教えてくれました。

キルトギャラリーはほぼ毎日出していたので、
作りなおすには、すごい量でした。
2か月はかかるかなと覚悟しました。
だから、スキンが直ったら、放心してしまいました。

それで、この現象のメッセージを考えましたよ。
ちょうど、この中村さんの夢を解釈していて、思い当りました。
こりゃあ、ルナもおんなじだ。
夢の解釈にちょっと飽きて、気持ちがブレたので、
こんな面倒な事を引き寄せたんだな、って。

と言う事で、ぼちぼちでも、直面しながらやって行きま~す。



次へ⇒ 

[PR]
by yumemiryoku | 2010-03-05 17:19 | 壊れた眼鏡と、細木数子の夢