カテゴリ:星が教える温暖化と氷河期( 1 )

輪のある星が温暖化と氷河期を教える夢

児玉さんの夢

宇宙空間にいる。窓があって向こうが見える。
土星のような星が現れた。輪にはちろちろと炎が見える。
「これが地球に近付くと、温暖化になります。」と説明がある。
それが消えると、また同じような星が現れた。しかし、輪は白い。
「これが地球に近付くと、氷河期になります。」と教えられた。

現在、温暖化問題が深刻ですが、地球のサイクルからすると、今は間氷期です。
じきに氷河期が近づいてきます。
昨年あたりに発表された地球環境の気象予測では
平均気温がかなり高くなるとか。

しかし、氷河期が来れば、また違う対処も必要なんでしょう。
この夢はそれを思い出させてくれました。

『ひもろぎ逍遥』の方でいつも紹介している真鍋大覚氏の本によると、
かつて夏に雪が降った年もあると言います。
古典を紐解くと異常気象が沢山記録されているようです。
季節が順調に巡ったのは、ほんの数百年の事だったのかも知れません。

この夢は、考えるテーマを与えてくれていると取りたいなと思いました。

次へ⇒ 

[PR]
by yumemiryoku | 2010-05-22 14:19 | 星が教える温暖化と氷河期