カテゴリ:妻が拳銃で額を打たれた夢( 1 )


矢野さんは30代の男性です。

矢野 怖い夢を見たんですが。
    私の妻が拳銃で撃たれたんですよ。

二人で旅行をして、美術館のようなところに行きました。
書籍があるような部屋に拳銃が置いてあったので、手に持って
「こんな所に置いていたら危ないよね。」
と妻に言いながら、元の所に置いたんです。
そしたら、誰かが妻の額をバーンって、拳銃で撃って、
彼女の額から血がタラタラと流れ出して…、


矢野 びっくりして、目が覚めたんです。
    思わず、隣に寝ている妻を見て、「ああ、夢だった。」って、ほっとしました。

これはびっくりしますよね。
正夢だったらどうしようかと焦るのも無理はありません。
でも大丈夫。
怖い夢はそれなりに理由があるんです。

何でだって?
それはね、
矢野さんがずっと前から夢からメッセージを貰っていたのに、
無視していたから。

うん、間違いない。


それではシンボルを調べましょ。

   自分の女性性。 つまり、直観的な部分。
拳銃 自分の男性性。行動や社会的関わりの部分。
    撃たれて血を流しているなら、その部分に解決すべき問題がある。
  おでこのチャクラ。 アジナチャクラ 。霊的な部分。直観。
書籍があるような部屋  アカシックレコード。記憶やアイデアの宝庫。
誰か  自分自身。というより、自分を目覚めさせたいと思っている高次の自分。
    つまり、ハイアーセルフ。

さあ、これくらいをチェックすると、この夢はハイアーセルフが
「直観に関して問題がある。いいかげんに、目を覚ませ。」
と、警告している夢だと、分かってきます。


ルナ ねえ矢野さん、妻って、自分の女性的な部分を指すんですよ。
矢野 ?
ルナ 拳銃は自分の中の男性的なところ。

矢野さんうなずく。これは確かに誰でも想像できる。
あ、でも矢野さん、自分の中の女性性って多分、初耳なんだ。

ルナ 矢野さんは男の人なんだけど、その前に一人の人間ですよね。
    誰でも自分の中に、男性性と女性性を持ってるんですよ。
    男性性って、行動したり、社会的な方に目を向けたり、する部分で、
    女性性って、直観的な部分や、感性的な部分なんです。
矢野 なるほど。

ルナ 夢で、自分の妻が出て来たら、彼女の事ではなくて、
    自分の中の直観的な部分だって考えるんです。
矢野 !

ルナ 撃たれた所が額なんで、直観などの霊的な部分ですよ。
    何かこれまでに閃きのようなものが、あったんじゃないですか?

ルナが想像もつかない事を言い出したので、びっくりしてます。
返事がありません。

ルナ それを拳銃で撃ってるんだから、自分で行動しないで、
    その閃きを破壊してるんですよ。
    こんなに怖い夢にまでなったんだから、
    きっと前々から何か、閃きがあったのに、
    何にもしていないことがある筈ですよ。

夢ってホントはとてもユーモアがあって、自分を傷つけないように、
思いやりがあるんです。
だから、怖い夢にまでして、教えてくるのは、よくよくのことなんです。

矢野 あっ、わかりました!

ホラホラ、出て来たぞ。

矢野 自分は、これまでいくつも閃いたことがあって、ノートに付けてたんです。
    でも、ほったらかしたままです。

ホラ、やっぱりあった。

ルナ せっかく閃きを与えられたのに、何にも行動に移さないので、
    夢が矢野さんに「いいかげんにせい」と言ってるんです。
    もう一度そのノートを開いて、実現できそうな分から優先順位を付けて、
    実行してみてくださいね。
    世の中に役に立ちそうな分から優先順位を付けてもいいですよ。

最後の一言のとき、矢野さんの目がきらりと光りました。
う~ん。どんなアイデアなんだろ。
聞きたいけど、また今度ね。

先ほど書いたように書籍というのにもメッセージが含まれています。
夢の中の図書館はアカシックレコードのことです。
ここには、ありとあらゆる記録が書き込まれています。
彼の付けていたノートのひらめきはここから来ていたのですね。


怖い夢になる前に、行動を起こそう。



次へ⇒ 

[PR]
by yumemiryoku | 2010-02-25 10:00 | 妻が拳銃で額を打たれた夢