ドリームレッスンするかな…



現在、ブログ記事は『ひもろぎ逍遥』で展開しています。
これは『ひもろぎ逍遥』の再掲です。


オーガニックひふみさん、海神商店さんの企画で古代史のお話し会をしたあとの交流会が
とても印象深かったのが、まだ心の中に残っています。

またお話し会をという案も出たりしていますが、
昨日から自分の中から湧いてくるものは、古代史でなく、夢セミナーでした。

私は過去世を沢山思い出したのですが、ヒプノセラピーの例は一つだけで、
あとは病の長い眠りから覚めた時、車の運転をしながら、
または肩の痛みにアクセスしたとき、などなど普段の生活の中で起こりました。



その原理について考察して、小説仕立てにしたのが「ガイアの森」ですが、
その中に出てくる「古代の森研究所」こそ、私の理想の形態なんですね。

小説では「原初のエネルギー」を受けられる場として「古代の森」を設定しましたが、
玄海灘に住む私たちは「原初の海のエネルギー」を神社に行けば充分にいただけるんですね。

それが、志賀島の沖津宮から帰って自分の中に起こっていることそのものでした。

一昨日、出会った人からは
「福岡の玄海灘のいくつもの神社の気が高いと、県外の禰宜さんから言われた」
と言われ、
昨日、会った人からは、
「夢ってやっぱり大事ですよね。ガイアの森のように夢を勉強したい。」
と、言われました。

自分の中から芽生えた思いと合致したのでした。

私自身、先週見た夢のシリーズは
金の棺、銀の棺、あるは天井の釘を抜くというシンボルでした。
一つの次元が終わり、新しい次元が始まる事を暗示していました。
何が始まるのだろうと思っていたのですが、それが「夢」のことでした。

もう一度、ドリームレッスンをしよう。
スピリチュアル・夢・セミナー。

私たち人類すべては毎日必ず変性意識を体験している。
それは眠りから覚めるとき。

無意識から覚醒状態に移行する時、必ず変性意識を通っているのです。
その意識状態はひらめきを察知する状態。

あらゆる次元にアクセスする意識状態。
シンクロニシティのサインに満ち満ちていることに気付く状態。

それを意識的に再現させる技術の一つとして「夢を思い出す」という行為に注目したのです。

海神商店さんの
「もう時間がないでしょ。癒され、禊いだら、目覚めるしかないでしょ」
が頭の中をリフレインしています(・.・;)
「アクション」もね。

ちょっと、会場探しなんぞをしてみます。



c0222861_21323128.jpg
ここはイザナギが禊ぎをした小戸。向こうは仲津宮。
水は無意識。浜は顕在意識と無意識のあいだ。すなわち変性意識。

ここを自分が渡った事は現実ですが、人生のシンボルとしても捉えることができます。




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif





★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by yumemiryoku | 2014-06-02 23:32 | ドリーム・レッスン | Trackback | Comments(0)

鳥居が倒壊した夢

ドリーム・レッスン

鳥居が倒壊した夢


ずいぶん長く更新しませんでした。
夢は夢でも、現実で叶えたい夢に取り組んでいる最中です。

今回は、MIYOさんから、夢を教えていただいたので、
一緒に考えてみましょう。

まずは、その夢です。

LUNAさん、こんにちは。
突然ではありますが、昨日の夢が印象に残っているので投稿しました。

「平伏神社」という名の神社の、
高さが3m超はあろうと思われる白い鳥居がありました。
その鳥居が倒壊しました。

倒壊した残骸のなかに、円錐状の石があって、
なにか模様も刻まれていたのですが、どんな模様かは忘れてしまいましたが、
これを持っておくといいよと言われたような気がしたのでした。

平伏神社をネットで探してみましたが、見つかりませんでした。

巨大な神社の鳥居が倒壊したのですから、びっくりしますよね。
その中から現れたのは模様が刻まれた円錐状の石。
とてもドラマチックな出現です。

神社の円錐状の石といえば、心の御柱(しんのみはしら)をイメージしました。
一番神聖なものです。

さて、夢は何を伝えたいのでしょうか。
夢の中の物は全部自分を表していると考えてみるのが
解釈の第一歩でした。

そうすると神社も鳥居も円錐状の石も全部自分の一側面となります。
神社は聖域ですから、自分の中の聖域です。
鳥居は白くて純粋ですが、ちょっと大き過ぎますね。
それが倒壊して、大切なもの=内なる神が現れました。

この神社の名前が「平伏」ということですから、
これまでは外なる存在を過大評価して神聖化し
平伏していたという印象を受けます。

本当に自分が平伏する相手は、外にあるのではなく、
自分の中の神。
それは願望だったり、
わがままと言われるものだったりするかも知れませんが、
その思いを実現してこそ今世の使命に近づいていけるものです。

外なる存在とは、誰かの意見だったり、
世間はこう言うだろうという思い込みだったり、
占いとかだったりします。

今、あなたはそれに気づきました。

あるいは
もし、気づいていなかったら、
もっと自分の心に素直になりなさい。
自分の思いこそ平伏するにふさわしい神聖なものですよ
と教えてくれているのでしょう。

真実の人生を歩んで行くための力強い教えですね。

いかがでしょうか。
参考になれば幸いです。

るな


★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by yumemiryoku | 2013-04-11 20:44 | ドリーム・レッスン | Trackback | Comments(2)

おばあさんが、ゾンビのような姿で現れた夢


おばあさんが、ゾンビのような姿で現れた夢

Oさんの夢

亡くなったおばあさんが出てきたが、肉体が腐敗し始めて下半身がぼろぼろだった。ゾンビのようだった。見ていて嫌な感じではなかった。
3月には東京まで墓参りに行こうと思った矢先だった。


夢の基本は登場人物はすべて自分ですが、
亡くなった人が出てくる場合は、まず当人が出てきたと考えます。

哀しい姿ですが、夢を見た当人が嫌な感じではなかったという点に注目すると、
何らかのメッセージを伝えたいのだろうと考えられます。
こんな時、どうしたらその意を汲む事が出来るのでしょうか。

思い出したのはハワイの人たちの先祖供養の仕方。
ハワイの人たちは日本人と同様に先祖を大切にする人たちですが、
そのやり方は当然ながら日本人とは形が違います。

普段の食卓で、各自が自分の食べ物の一部をテーブルの中央に先祖の為に分けるそうです。
これを知った時、これが本来の供養の姿ではないかと考えました。
こんな風にナチュラルに日常で先祖と向き合う時間があるのは素晴らしいですね。

Oさんの場合は、どうしたらいいのでしょう。
供養とはなんでしょうか。

「一週間ほど、お仏壇にお参りする時に、特におばあさんに思いをかけたらどうですか。」
と言いながら納得できず、ふと思いついたのは、おばあさんの歴史でした。

おばあさんの没年は分かるはずですが、いつ生まれたのか、どこに生まれ、どんな少女時代を過ごし、どうやって結婚相手と巡り合ったのでしょうか。

「そんな事を調べてみませんか?それがおばあさんと思いを共にすることだし、このやり方が違っていたら、また夢で教えてくれますよ。」
と言ったら、
「それならやってみます。」
と明るい返事が返って来ました。

行動をしようとした時点で思いが通じている事はこれまでの経験でよく分かっています。きっと思いが通じて、おばあさんから新たなメッセージが伝えられることでしょう。


★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by yumemiryoku | 2012-10-31 09:33 | おばあさんがゾンビの姿で出た夢 | Trackback | Comments(2)

震度10とウツボの夢

ドリーム・レッスン

震度10とウツボの夢

テレビでニュースでもやっているかのように地図がでてきてまずモルディブがうつります。
そのあと画面がひいたかんじで左の横に大陸がでてきます。
そして、モルディブのところに数字の8、エチオピアのところに数字の10が書いてありました。
震度はこうなってますみたいなかんじでした。

そのあと、いきなり海の中にいます。
そして水中から上の方をみるとキラキラして、とてもきれいでした。
息は全く苦しくありません。

上の方をぼぉっと見てると、目の前にエメラルドブルー(こんな色があるか知りませんが…)の
ウツボが上の方に向かって泳いでいました。
エメラルドブルーがキラキラしてて、その色をベースに体の方は七色になっていました。
とってもきれいでした。

すると、どこからともなく誰がいるでもないのですが、針と思ったんですが、
長さは50センチくらい あったかもしれません。
ウツボに刺したように見えました。

そして、この中から取り出すもので、天災や災いから逃れることができると
夢の中の私は理解しました。
別に何かが刺さってウツボがもがくとゆう訳でもありませんでした。
 
そして目が覚めました。

と、ゆう夢でした。


自分なりに調べて解釈してみました。
 ・ 地震は、突然の日常の変化
 ・ 数字の8は、宇宙の意識 10は、経験をともなう新たな始まり…より高度な理解
 ・ うつぼは、矢を入れる腰から下げる入れ物かなと…
 ・ 七色は、虹としてみたら、次のステップへの導き 
で、次のステップへ進めるまで近づいているのか…でも、うつぼの中味がない…。
矢がないのかなと思いまして。

 ・ 強い願望、ゴールに向けたエネルギー、すばやく簡単に達成するための最短コース
と書かれてありました。
素晴らしい導きがぶら下がってるのに、中味がない…矢が大事なんですね。

天災や災いなどとありましたが、もっと強く祈ることが大事なんですかね…
瞑想が足りないってことかな。 どうでしょうか?


返事が大変遅れました。
地震の夢って驚きますよね。予知夢と考えたくなりますが、Kさんが調べられた通り、
まずは自分自身の変化に関するメッセージではないかと考えるのが基本です。
よくキーワードを押えてあります。
エネルギーに関する大きな変化への準備をアドバイスされたと私も考えます。

もう一つ押さえたいのは、場面が海の中に変化したことです。
海は水=無意識の世界です。
その中が美しくて楽しげに泳いでいるので、無意識を浄化する試みも上手く行っているのでしょう。
日ごろ、瞑想や祈りなど、建設的な事をされているのではないでしょうか。

さて、「ウツボ」のことですが、空っぽで、「矢」がなくて、「七色」という事から、
私は「クンダリーニ」の上がっていく「筒」を思い出しました。
「7つの節のある竹」という形で夢に出てきた人もいます。

尾てい骨に眠るクンダリーニが目覚めて頭頂を目指す通り道の事です。
この、蛇に例えられる生命エネルギーが昇って行く時、
浄化のエネルギーでカルマを清算するような事象があることもあります。

Kさんの場合、これまで通り感謝の祈りを忘れずに日々を過ごせば、
もうすぐ魂の本来の目的に近づけるよ
―そんな素敵なアドバイスの夢だと思いました。



★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by yumemiryoku | 2012-06-05 20:54 | 震度10とウツボの夢 | Trackback | Comments(2)

メッセージがもらえるトイレの夢


公衆トイレから出て来る人は
右足のふくらはぎに白く四字熟語でメッセージが書かれている。
不思議なトイレだった。
私も並ぶ。後にも若い女性や子供連れなど。
ドアを開くと穴になっていて、そこに入って用を足すようになっている。
顔がぎりぎり地上に出て、野外の風景が見える。
トイレから出てメッセージを見ると、
「死ぬがよい。後の人に譲らなかった。」
とある。
「え?そんな…。」
順番に並んで、用を足したのに、それじゃ駄目?
後ろの派遣風女性はそう急いでいる風でもなかったのに。厳しすぎる。

気を取り直して、街を歩くとここは南米の田舎町。
太陽の光の中心地という場所があった。
太陽の光が垂直に下りて来るエリアで半径2mほど。
草が生えていたりして、特別になっている訳ではない。
普通の広場で、椅子なんかが置かれていたりして、町の人が憩ている。
私は写真を撮った。


怖いメッセージだと思って、気にすまいと思っていたら、
朝、既得権の話題が出て、この夢のメッセージの意味が分かった。
順に並んで正当に得た順番でも、もう一つ謙虚になって、後の人の事も考えよという事だ。
既得権があると思う事自体が傲慢な事で、その意識が大きくなれば紛争のもとになる。
国と国の紛争もこのような意識が拡大したものだ。
この世に在って自分の物だと言えるものがあるのだろうか。
夢はそれを考えよという事だった。

続けて見た夢は太陽の光がまっすぐ当たる場所だった。
地球に一か所だけある奇跡的な場所だ。
しかしそこに住む人々はさりげなく過ごしている。
「写真」は現在自分に起こっている事を示す。
だから、「そこに住む人々」というのは自分の姿だ。

私は降り注ぐ偉大な愛をいつも忘れている。
その愛はすべての人々を慈しむものだ。

地球を汚染してまでも現世で金を求める人達が狂奔している。
汚染した場所に、生まれ変わらねばならないのがカルマの法則だ。
地球を支配しようとする者は支配される者として生まれ変わる。
どうしたら、それが伝えられるのだろうか。

やはり過去生を思い出す事は大切な事なのだ。
過去生を誰もが思い出す世の中になってほしい。



★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by yumemiryoku | 2012-03-12 13:12 | ルナの日々の夢 | Trackback | Comments(0)

サクラが咲いたよ


もう五日前だけど、桜が咲きました。
e0184648_2320276.jpg


開運桜です。
e0184648_23204733.jpg


福岡県の宮地嶽神社です。
これは黄金の入っている神殿の屋根。
e0184648_2321610.jpg

ブログを初めてから、毎年UPしてますが、
今回はこちらのブログに。

この桜を撮り始めてから、出会いがいろいろありました。

みなさんと共々に、それぞれの開運を!



★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by yumemiryoku | 2012-02-25 23:27 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

夢とひらめき



新しい年を迎えました。
昨夜の夢はいかがでしたか?

初夢は本当は今夜ですが、
冬の間はこれからの一年の教えの夢を見る時期なので、
今夜と限らずに、どんどん思い出して記録したらいいなと思っています。

さて、ずいぶんブログを御無沙汰しました。
昨年の夏から神社ブログの方で人様にお話したり、
本にする作業で忙殺されました。

言葉には力があるので、
発言してしまうと解放されてしまい、エネルギーが分散してしまうので、
この件については沈黙していました。

原稿書きをしている間は夢をほとんど見ず、
かわりに目覚めの時に、ひらめきを得ていました。
その内容は前日に書いた原稿の訂正個所や追加事項などです。

「夢見力」というのはこのような事も含めてつけた名前です。

原稿書きが一段落したら、新しい夢のシリーズが始まっています。

夢からのアドバイスというのは
あまりにもささやかで日常的な姿を取るので
なんだ大したことじゃないと見逃すシンボルばかりです。

大したことでなくても書きとめましょう。
書きとめて謎を解こうとすることそのものが
ハイアーセルフとの信頼関係を築くことになると
私は信じています。


★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



2011年の総括&年末年始のご挨拶
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by yumemiryoku | 2012-01-01 12:40 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

アリがインターホンを壊した


玄関のインターホーンが鳴ったり鳴らなかったりしていたけど、
ついに修理をすることに。

中を開けるとアリの巣が出来ていた (@_@;)

あきれた奴らだ。
なんて所に作るんだ。

我が家ではティッシュペーパーの箱の中に巣を作った事が二回もある。
アリの道を探し出してセロテープで道をふさいだら
それからは作らない。

知人曰く、
「アリの好きなティッシュのメーカーがあるよ。」
それは有名なメーカーだけど、もう忘れてしまった。


★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by yumemiryoku | 2011-10-24 15:29 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

花穂しそのどろぼう食いを作りました


夏の食卓を賑わわせてくれた葉シソも、
花穂がついて、もうすぐ片付けの季節です。

この季節しか収穫できない花穂を食べるレシピです。
どろぼうしてでも食べたいという事から
「どろぼう食い」と名前がついてます。

収穫の目安は花が数輪残っていて、下の方には実が付き始めた頃。
遅くなると茎が少し固くなります。
速すぎると、パンチがない。

e0184648_16125799.jpg

今日の収穫は少し遅れ気味。
三日前だったらベストかな。

e0184648_16133644.jpg

味噌をお酒でゆるめます。
分量?いつも適当です。
今回はさっきの収穫量に対してこの分量を三回つくりました。

e0184648_1614479.jpg

混ぜるとこんな感じに。

e0184648_16152143.jpg

そこに先ほどの花穂を入れて、味噌をからめます。
花穂はもちろん洗いません。
ハーブの基本は洗わない (^-^)

e0184648_16172442.jpg

味噌をからめたら、並べて干します。
以前はカゴに並べたけど、こんな容器でいいみたい。
ガンガン日にあてて、ひっくり返してまた干します。

カラカラになるまで干すのですが、例年一週間以上かかったみたい。
我が家では、半生で食べてしまうので、三日ともたない。

冷蔵庫で保管すれば一か月以上経っても大丈夫です。
新米とともに召しあがれ。


★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by yumemiryoku | 2011-09-27 16:26 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

ラッキー


下関に行く用事があるけど、
スケジュールをどう組んだらいいのか決めかねていた。
一人で行くには遠いし…。

すると、パパさんが夢を見た。
「また下関に行く夢を見た。これで二回目。行くと、いい事がある夢だった。」
「そう!じゃあ、今度の祭日は下関で決まりね!」

夢の神さま、ありがとう。
これで、スケジュールが楽々決まりました 

★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by yumemiryoku | 2011-09-18 17:32 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

夢を語り合う


先日、久し振りに夢セミナーを行いました。

夢の世界は本当に自由で、神秘的で、
見えない世界から愛されている事を教えてくれているなあと思いました。

しかも、語りあうだけで、不思議な力に満たされる。
自分というものがこの肉体だけでなく、
魂の部分で生きているという事を改めて思い出させてくれました。

魂の応援団に会えるひとときーそれが夢。

災害や放射能汚染など、これまでと違う時代に生きていく私たちが、
何のために生れて来たのか、
魂の目的に沿って生きているのか、
そんな事を振り返って考えるのに、
夢を語り合うのはとてもよいひと時です。

夢はもちろん、寝て見る夢ですが、
これが自分の将来の夢につながるのがまたいいですね。



★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by yumemiryoku | 2011-09-08 08:54 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

お盆が開けてのある日


お盆が開けてのある日。
Aさんと、Bさんと、るなの会話。

御主人が亡くなって2年になるAさんが話を始めた。

A「この頃わたし、少しぼけているみたいで…。」
るな「どうしたんですか?」

A「このお盆に初めて亡くなった主人の部屋で寝たんだけどね。
部屋は真っ暗でベッドなんだけど、暑いからドアを開けてたら、
夜中に『ここ、閉めておくからね』と
男の人の声がしてドアを閉めるから、『はい』と返事をしてそのまま寝たのよ。

あとからトイレに行きたくて目が覚めて、さっきドアが閉められたからと
思ったら、ドアは開いていて。
よく考えると、主人が亡くなって私一人なのに、男の人の声がしたのが変で。
ちょっと、どうかしてるみたい。」

るな「その声は御主人なんですか?」
A「他に考えられなくて。」

るな「お盆にやっぱり帰って来られたんですね。」
A「それしか…。」

るな「そう言えば、わたしの実家の墓は山の中にあって、
土葬だったのを一つのお墓にまとめていたんです。
そしたら、おばから電話があって、
『亡くなった父が夢に出て来て、お墓が綺麗になるって喜んでたんだけど、
心当たりある?』って。

それで『お墓を綺麗にしてるところです。』って答えたんだけど。
わたしのおじいちゃんが出て来たんですね。

このタイミングのおばからの電話は、やっぱり、あの世から見てるんだって思いましたよ。
父は初七日や四十九日のタイミングの時に、ありがとうって出て来ました。」

B「私は母が亡くなってから、一度も夢に出て来ないんです。
母の葬式の日に、みんな集まっているとき、誰かが肩をトントンってたたいたんです。
振り返って、みんなに尋ねると知らないって。それがずっと気になって…。」

るな「それなら、自分がお母さんの立場になって考えるとすぐ分かりますよ。
自分が死んで悲しがっている娘に肩をたたく時の気持ちなんだから。」
B「そうですね。それなら安心です。」

A「そう言えば、私の父は病院に入院していて、
帰りたい、帰りたいって、ずっと言ってて。
亡くなったあと毎晩夢に出て来たんだけど、家の玄関の上がりぶちに座ってる姿で。
でも四十九日が終わったら、全く出て来なくなった。」

ある日の会話でした。


★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by yumemiryoku | 2011-08-22 14:08 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

夢で見た張り紙の所に行ってみたら


東郷公園の巨大なモニュメントが出てくる。
そして、張り紙がクローズアップされた。
「〇〇生掛遺跡」と書いてあって、
手でちぎったガムテープで貼り付けられている。

「生掛」と書いて「しょうかけ」と読む。
小郡市の古墳の事だ。たしか消滅して無くなっているはず。
しかし、鶏の埴輪で有名な古墳。

その週末小郡市に行く予定があったので、
古墳巡りをする事にした。
5つの古墳を廻るのだが、生掛古墳は3番目に廻る事にした。

当日、
2番目の古墳を探して道路から田んぼへの道に下りて行った。
森はあるが、墳丘が見当たらない。
そこに、2~3人の人が車に戻って来た。
「ここに古墳があるのですが、御存じないですか。」
「私たちは、地元の者ではないのでよく分かりません。」
もう一人が戻って来た。
「古墳の看板が道路の所にありましたよ。」
「そうですか。ありがとうございます。」

何故か私はここにブログを通じて知り合ったKさんがいると思った。
ハンドルネームと実名を交換しただけで、互いに顔を知らない。
尋ねずにはいられなかった。
「Kさんがいませんか?」

すると一人が、
車に乗ってエンジンをかけようとした女性に確認してくれた。
驚いて、さっき古墳の看板を教えてくれた女性が下りて来る。
「私ですが。」
「『ひもろぎ逍遥』の綾杉です。」
「え~どうして?」


こんな風に私たちはとんでもない場所で出会った。
顔も知らないのに出会う事が出来た。
私が車から下りて、彼女が車に戻って来た、1分間の出来事。
この一瞬以外に接点は無かった。
紛れもなく夢のメッセージはKさんに会うためのものと確信する。

「どうしてこんな所に私の名前を知っている人がいるのか驚きました。
でも、偶然はないのですよね、必然ですよね。
ブログ読んでますよ。」
「そうですか。ありがとうございます。老松神社を出したばかりですが、
ここから神功皇后は船に乗ってその神磐戸に行くのです。」
緩やかなカーブの道は古代の水際のラインを残していた。
あとで思えば出発点はもう少し北だったのかもと思う。

しかし、なんという偶然。
偶然はない。必然だ。
こんな出来事があると、ひもろぎの旅も励まされるのだ。

夢を見てとりあえず行動してよかったと思うひとときだった。


★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by yumemiryoku | 2011-08-01 16:29 | ルナの日々の夢 | Trackback | Comments(0)

2対2でPK戦


準決勝が終わったとたん、
「2対2でPK戦」と連れ合いがのたまう。
「あっそう。」と言ったが、何度も何度も
「2対2でPK戦」と言うので、
「で、どっちが勝つの?」と聞くと、
「ニッポン。」
「あっそう。」
毎日言うので、「はい。はい。」といい加減に返事をした。

でも。

間髪をいれずに言ったタイミングが気になっていた。
直観って、あんなタイミングで入ってくるのを知っているから。


まっ、こんな事もあるんだ。予言が当たる事も。
でも、100年に一度だよ。


それはそれとして。

なでしこジャパン。ありがとう。
強く生きていく事を教えてくれた。



★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by yumemiryoku | 2011-07-21 00:19 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)

ありがたい


久し振りに日曜日は朝から神社巡りが出来ました。

神功皇后の神社伝承をお話する事になったので、
なかなか行けない田川方面に行こうと決めました。

朝、夫に「田川方面に行きたいんだけど。」
と話すと、
「昨日の夢は、田川の友達に会う夢だったよ。」
「え?そうなの。じゃあ決まり。」
と言う事で、出掛けました。

朝から山の中腹にある神社など行って、元気だったのですが、
さすがに昼からは猛暑のため、2時頃には帰宅を決めました。

5つも神社を回ったので、もう名前もおぼろげ。
今回は収穫が多く、謎がたくさん解けました。

人様にはどうでもいい謎なんだけど、
何故か次々にパズルがハマっていきます。

今はこうして、調べたことをすぐに文章化出来る時代に感謝。
また、こうして時間がある事に感謝の日々です。


そうそう、庭のトマト、きゅうり、オクラ、ピーマン食べちゃいました。!(^^)!
オクラときゅうりはトゲトゲがあるので、素手では痛いですね。 (・.・;)

★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● ●●●●● ●●● 



[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by yumemiryoku | 2011-07-14 17:33 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)